時計の針レベルで、記憶がよみがる仕事

==========
令和元年文月19日  今日もクルクル通信331号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========
1年間で最も熱い4日間が始まりました。

毎年7月第3週目の木~日の4日間は全英オープンゴルフです。

電通時代にこのビッグイベントに携わらせていただき、現場にも行かせて頂きました。

中継であの黄色いフラッグを見るだけで血がたぎります!

見ただけで、あの時の興奮が蘇ってくるんですよね

もう、満席の18番の観戦スタンドを見ると半端じゃなくテンションが上がります。

ゴルフの醍醐味、観戦する楽しさ。ゴルフの魅力を徹底的にあそこで学ばせてもらいました。

中継を見ていても、現地の時計が気になっちゃって、

「あー今現地では、こんなことが起こってるんだろうな…」

そんなことをついつい想像しちゃいます笑

こんな時計の針レベルで、その時の記憶がよみがえるような仕事に携われたことは、人生でこの上なく幸せなことだなと思います。いやー、大変なことも山ほどありましたが…笑

 

さて、話は変わりますが、

全英オープンが、毎年セントアンドリュースで開催されているわけではない

ということをご存知でしょうか?

今日も10人の方に、

「いやー、今年も全英オープンが始まりましたね。ワクワクしちゃって大変です!」

なんて話をしましたが、

8人が毎年セントアンドリュースで開催されているものだと思っていました。

私は、毎年この時期にこの話をしているので笑 感覚的には70~80%ぐらいの人が、

全英オープン=セントアンドリュース

だと思っているという印象です。

ちなみに、この世界最古のゴルフ場(1552年に作られた)である、セントアンドリュースで、全英オープンが開催されるのは、5年に1回です。全体の20%しか開催されていないにもかかわらず…

中継やニュース、あるいは新聞を見ても、「今年は〇〇で開催しています」というコメントが何度も登場しているにもかかわらず…

ほとんどの人は、この事実を知らないんですよね。(もちろんゴルフファンであれば、知っているとは思いますが)

まぁ、大抵の人は開催地なんか興味がない。中継も見ていないということもありますが…笑

なお、今年は、68年ぶりの北アイルランドのロイヤルポートラッシュという、「とても美しい」と評判のゴルフ場で開催されています。

逆に、これは何を物語るか?というと

原点あるいは、代名詞の強さ

だと思うのです。

ゴルフ発祥の地=セントアンドリュース(=イギリスのゴルフ場)=全英オープン

という認識を生んでいるのではないか?

と思うのです。

あまりにもこれが強烈だからこそ、そこまで関心のない人に、

全英オープンはセントアンドリュースで開催されているという思い込みを生んでいると思うのです。

数多くのイギリスのゴルフ場は、全英オープンの会場になることを目指しています。

でも、一般の認識では、セントアンドリュースとそれ以外

ということになってしまっているのではないか。

実際、選手も「セントアンドリュース大会は特別」と2015年に言っていましたからね。

マーケティングにおいて、最強系の一つは、商品名がカテゴリー名になること

と、しばしば言われますが、これと全く同じですよね。

オリジン(原点)なることができれば、そのカテゴリーの代名詞になってしまうことが多いんですよね。

やっぱり、マーケット創造者の強さを感じながらも、

残りの3日間もゴルフの魅力にどっぷり漬かりたいと思います。

*****
【今日のうねり】
ほとんどの人が、

全英オープン=セントアンドリュース

だと思っているようだ。実際は、5年に1回(20%)しか開催されていないのに。

これは、セントアンドリュースがゴルフの発祥の地という原点の強さを物語っている。

何事も、マーケット創造者になることは強いのだ。

どんなに小さなマーケットでもそこを生み出す、あるいはリーダーになれれば負けることはないのだ。