未来を彩色する

==========
令和4年8月5日  今日もクルクル通信1443号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日は社会人になってから、公私ともに大変お世話になっている先輩と食事。以下は、その一幕です。

「俺もさぁ、もう42だよ。老後資金ってさ、一体いくらあったら大丈夫なのよ、パンチ?」(注:パンチ=私)

「いや、まあ、それは完全に人をそれぞれじゃないですか。例えば、今、生きていくのに1年間いくらかかっています?生活水準って落とせないじゃないですか、上げることは出来ても。

水準を落とせないとすると、仮に、今の生活費がかかる前提で、例えば、年間500万円だとしたら10年で5000万円。1000万円だとしたら10年で1億円。かかることになりますよね?普通に考えると。

この”出”に対して、退職金と年金。遺産などがあればそれも加味して、差し引きすれば、だいたい必要な額が見えると思いますが、どうでしょうか」

「まぁ、言われてみりゃあそうだな」

「マネーフォワードとかで管理してみたらどうですか。すぐわかります、いくら使っているのか。2000万円問題ってありますけど、あんなの全然アテになりませんよね。てか、そもそも、年金自体も貰えるか怪しいですすし」

「まあな。ホント生活水準って落とせないんだよなぁ。てか、金、使っちゃうんだよね。コロナになってからさ、飲み会がめっちゃ減っただろう、その出費がなくなったわけよ。貯めればいいんだけどさ、使っちゃうのよ。

この前も58度のウェッジを、酒飲んだ後、タクシーの中でポチっちゃったよ。あとは、テント。別に買わなくてもいいのにさ」

「先輩、アウトドアするんですか?」

「するよ。何か文句あんのかよ」

「いや、全くイメージなかったんでw僕、金、使わないんですよね、ホントに」

「お前、使わなさそうだよなぁ、最近買ったもので、一番高いものなんだよ」

「事務所ですかね。買い物ではなくて、賃貸ですけど」

「えっ、お前、事務所借りたの」

相変わらず最高な先輩で、あっという間に時が過ぎて行きました。

いくら金がかかるか?は、書いたように、「今いくら使っているのか」を可視化すれば、ある程度分かります。算段が付くかどうか?は別としてw

四十を超えてくると、健康リスクが少なくとも20代よりは高まってきますよね。

病気になる。入院する、手術をすれば費用がかかります。生命保険にでも入っていれば、別の話ですが、そして、私は加入していませんが、こうなると、まとまった出費が発生します。

勤め人の方は、さほど問題がないのかもしれませんが、私のような人間は、働けなくなると、”入り”がゼロになります。不安定極まりませんw

仕事をする上での最大のリスクは、健康ですから、かなり投資はしているつもりです。投資したからって、病気にならないとは限りませんが、やらないわけにはいきません。

そのリスクを踏まえた上で、将来必要になるカネを可視化すれば、自ずから、全然カネが足らんという結論が出ます。少なくとも私はそうでしたw

そんな事実を毎日直視していると、不安でなりません。全力で早めに決着をつけたくなります。ゴルフなんかやってる場合じゃありません!ww

でも、ゴルフだって、やりたい。50歳までにシングルになると決めましたから。

ただ、それを叶えるためには、こちらの算段を先につけないといけません。宿題は前倒しで片付けるに限ります。世の子供たちの大半は、ため込んでいるとは思いますが。

この”人生の宿題”は、一人でやるには限界があるので、カネにも働いてもらった方が効率的です。だから、資産運用の勉強を始めました。エンジンは一つよりも二つの方が安心。ツインジェットエンジンです。

最新の大型飛行機には、エンジンを4つ搭載した、『クワッドジェット』もあるようですが、まずはツインを目指します。

皆さんは、老後資金は大丈夫そうですか。考えたこともない。って方がいらっしゃったら、まずは、「今いくらかかっているのか?」現状把握から始めると良いかもしれません。

たったこれだけのことですが、やった途端に未来が色づき始めますから。仮にその色がグレーだったとしてもw自らの手でバラ色に変えることは出来るはず。(と信じて行動し続けます)
*****
【今日のうねり】
未来を彩色するには、可視化することが一番だ。
将来のことは分からない。でも、今分かることを総動員して、想定することならできる。
特に将来いくらかかるのか。これを知らずして、生きるなんてありえない。足りない。が分かるから行動が爆速化するのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA