到達点を消去する人。到達点を具体的に示す人

==========
令和元年葉月3日  今日もクルクル通信346号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========
これって何の意味があるんですか?

これをやったら、何が学べるんですか?得られるんですか?

今週、複数人の方から、「こういうことを言う人が最近多いんだよね。」って話を聞きました。

働き方改革の影響なのか?

物理的に時間が限られているから、仕事を選ばざるを得ないということなのか、一つ一つの行動に理由を求める傾向が強まっているんじゃないか?

って。

一方で、今週は大学の先生である、内田樹さん、永田和宏さんの書籍を読み直していたんですけれども、その書籍の中にも、示し合わせたかのように、

大学は答えのある問題の解き方を学びに来るところではない。答えがない問題を解く場所だ

と書いてありました。

答えがある問題を解くのは、高校までで終わり。大学という場所は、自ら問いを立て、それを解いていく。答えが見つからなかったら、あるいは、そもそもなかった場合は、また問いを立て直し、それを解きなおす。そうやって学びを深めていく場所だ。

そもそも、問題に対して、必ず答えがある。一対一対応の問いと答えが存在するものではない

という話です。

なんか似てますよね?

 

社会に出たら答えのない問題を解くようになる。だから、自分で考える力が大切だ。

なんて、よく言われますよね?

もちろん、研究(大学)も同じです。

個人的にはビジネスにおいては、

どういうものを提供したら、お客様に喜んでもらえるのか?

こんなものだったら喜んで頂けるのではないか?

を徹底的に考え、それに対して、ベストだと思われるサービスを提供する。

それによってお客様から

ありがとう

を頂戴できるのであれば、それは答えの一つである。と言っても良いと考えております。

でも、この、「こんなものだったら喜んで頂けるのではないか?」

というものに一つの正解はないし、それに対する考え方も、提供するサービスも無限に方法があると思います。

でも、お客様が「ありがとう」と言って下されば、それは全部が正解になるのです。

この正答率は、今まで出会ってきた諸先輩方から、教わってきた、学び取ってきた成果に依存するのではないか?と思います。

でも、逆にいうと、

これには正解がないだけではなくて、終わりもないんですよね?

もっとこういう風にやった方が喜んでもらえるんじゃないか?

あんな方法があったんじゃないか?

相手の事を考えれば考えるほど、より良いものを提供しようと思えば思うほど、

終わりがなくなると思うのです。

これも、そういった姿勢で仕事に取り組んできた、諸先輩方の後ろ姿を見てきたからこそ思うのです。

でも、こういったことは別にその先輩方が、言葉で教えてくれた訳ではありません。むしろ私自身が勝手に背中を見て学び取ったことです。

つまり、僕の勝手な、一方的な解釈なんですよね。彼らがそれを意図して教えていたのか?どうかは分かりません。

ただの解釈力の問題なのかも?と思うのです。

内田樹さんは、先生はえらいという書籍の中で、

プロは、「おしまいということはない」として到達点を消去する

そうでない人は、「これでおしまい」という到達点を具体的に指示する

と書いていました。

いやー、震えるほどかっこいいですね。

この言葉に倣えば、

私は、いくつもの素晴らしいプロフェッショナルに出会ってきた

と言えます。

「おしまいはない」ということを教えてもらったから、いつも「もっといい方法があるのか?」などあれこれとやり続けている訳ですから。

でも、繰り返しになりますが、教えてもらった訳ではなくて、勝手にある事象や言葉から解釈をしているだけです。

となると、人生で大切なことは、素晴らしい人との出会いに加えて、

解釈力

なんだろうなと思うのです。

自ら学び取る力

とも言うのかもしれません。

プラスの事象も、マイナスの出来事も、

全部好き勝手に、自分のように良いように解釈してしまう。

どんな出来事も、必ずプラスのことを学んでいると決めてしまう

そうすれば当たり前ですけど、全てのことがも学びに変わる。

でも、何が学べるか?なんてやる前から分かるわけありませんよね。

全ての学びは事後的にしか分からないのですから。

終わった後にしか解釈は出来ないのですから。

であるならば、

これ、なんのためにやるんですか?

何が学べるんですか?

なんて考えない。

というか、むしろ、

「これのためです、これを学ぶことが出来ます」

なんて言われる方が、頭からテンションが下がってしまっちゃいませんか?

やる前からゴールが分かっちゃっているわけですから。

そんなことを思ったのです。

ということで、

これからも頂いたチャンスやご縁は、何があるかわからない。というよりもむしろ、想定できなければ出来ないほど、積極的に乗り込んでいきたいと思うのです。

*****
【今日のうねり】
我々が解くべき問題は、答えが一つしかないものではない。
そもそも、答えがないものかもしれない。だからこそ自分で考える力が大切だ。
その力はどうやって身につけるのか?
素晴らしい諸先輩方、師匠の背中から自分で学び取るのだ。それは勝手に自分で解釈するともいう。
この解釈力はとても大切だ。
どんな問題もやる前から、「何が学べるのか?」なんてわからない。
事後的にしか分からない。むしろ、分からないからこそ、やりがいがあるのだ。