100人プロジェクト、 1/3の35人まで来ました!エピソードの威力を痛感しております。

100人プロジェクト、 1/3の35人(前日比+1)まで来ました!
プロジェクト概要はこちら:https://surging.co.jp/archives/71
毎日のようにご協力してくださる方々にお会い出来て本当に幸せです。

中には、
「 いやー今日お前と会うから 書き出してきたよ」
と言ってメモを取り出してくれる先輩。
出張の合間に
「 今日会うから、大阪からの新幹線で、高校時代のことを思い出してきたよ」
と言って多くのエピソードを語ってくれる友達。そして、そのエピソードを全く覚えていない僕。
まさに会っている時の瞬間を切り取って、
「こういうところがいいんだよね」
と言ってくれる電通同期。
などなど
マジで泣きそうになるくらい嬉しくなるんです。
もちろん、自分では 思いもしないことを良いところだと 取り上げてくれたりするので、学びもあるのですが、 最大の価値は、
そういった仲間と話をする時間ができること
なんだと感じております。

そんな中で、改めて
エピソードやファクトの強さ。その重要性
を感じております。
あのとき、ああいう行動とったじゃん!?
とか、
あんなこと、言ってたよね!?
とか、
初めて会ったときに、こんなことしてたよね!?
だから
ここが良いところだと思うよ。

と言われると、とんでもなく腑に落ちるんですよね。納得感が全然違うんですよね。
「あーそうか、そうだな、確かに」
と、思わざるを得ないという感じになります。
就職活動の時に、
「ESには形容詞を使うな!」
と尊敬する先輩に指導いただいたこと。
「ファクトで語れ、 それがないと思い込みにしか聞こえない。だから反論で溢れ返ってしまう」
と、YCPの上司にご指導頂いことをリアリティを持って思い出しました。

皆様の愛情に感謝しながら、 僕に恩返し出来ることは何でもやらせてもらおうと、改めて誓うばかりです。

100人プロジェクトにご協力してくださる方、 引き続き大大大募集中です!
どうぞ宜しくお願い申し上げます!