成果が現れやすいもの。現れにくいもの。

==========
令和元年葉月10日  今日もクルクル通信353号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

「中田さん、あれ?ちょっと体大きくなりました?体、鍛えているですか?」

昨日、久しぶりにお会いしたお客様に開口一番、言われたことです。

「いやー、そうなんですよ、わかります?? ちょっと、トレーニングの成果が出て来たんですよ!」

なんて、テンション上がりめで、回答していました笑

ブログを書き始めてもうすぐ1年になる。

そんなことを昨日書きましたが、加圧トレーニングは通い始めて、今11ヶ月目。

やり続けていることの成果について、褒めて頂けると、ついつい嬉しくなってしまうものですよね!笑

でも、

成果が現れやすいもの

成果が現れにくいもの

ってあると思うんですよね。

例えば、この筋肉トレーニングってのは、成果が現れやすいものだと思うんです。

実際、トレーニング直後は、パンプアップして体が大きくなっています。その姿を鏡で見れば、毎回それなりに、成果らしきものを実感できます

通っているジムのトレーナーからも、時々、

「中田さん、いいですねー。ちょっと美乳になって来たんじゃないですか??」

なんて褒めてくれますし笑 そんなことを言われるとその気になっちゃうのが、人ってものですよね。

トレーニング後の姿は2ヶ月後の自分の姿

なんて、シュワちゃんが言っていたらしいです。

ライザップの最初のプログラムも2か月みたいなので、筋トレは、やはり成果が現れやすいものだと思うのです。

一方で、例えば、書く力

これは、正直、成果が現れにくいものだと思うのです。

実際、なかなか実感できないものです。

毎日毎日1500文字ぐらいを書き続けていたとしても、

久しぶりに会った友人に、

「文章のセンスはないね」

なんて言われるわけですからね笑

だからって、続けないのか?

というわけでもありません。

すぐに成果が出ないなんてわかっています。

たまに、

ちょっとうまくなったかも?

書くのが早くなったかも?

みたいな実感はありますが、あくまで、自分の内側の話です。

外から見て、

文章が良くなったね!面白くなったね!上達したね!

なんて、変化を感じて頂くようになるなるには、めちゃくちゃ時間がかかるものだと思うのです。

もしかして、ずっと言って頂けない可能性もあるかもしれませんし…

しかし、逆に言えば、

そんなことを言って頂けるレベルにまで変化していたら、

途轍もなく上達してる

ってことなんですよね。

この時点で手に入れることが出来ている、書く力って、おそらく、書き始めた時とは別人レベルになっていると思うのです。

仮に、「今から始めよう」と思った人が、簡単にたどり着けるレベルではないんじゃないかと。

そもそも、書く力が短期(3年以下くらいですかね)で身に付くものだとは思ってはいませんが、

新しいことを始める時は、

それがどれくらいタイムラインで、成果が顕在化するものなのか?実感が湧くものなのか?

その目安を自分の中で持っていることって大事だと思うのです。

心持ちが変わるので、無駄に焦ることもなく、着実に積み上げていくことが出来ますからね。

「中田さん、文章、ちょっとうまくなったんじゃないですか?」

なんて頂ける日を目指して、これからも書き続けていきます。
*****
【今日のうねり】
新しいことに着手するときは、それがどのくらいのタイムラインで、成果が現れるものなのか?成果を実感できるものなのか?を把握しておくとよいだろう。
比較的、簡単に成果が顕在化することもあれば、それにとても時間がかかることもあるからだ。
でも、仮に時間がかかることであっても、決して途中でやめてはならない。もったいない。なぜなら、そういったことの成果が顕在化した時には、途轍もない力が身に付いていることになるからだ。