知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)

==========
令和元年葉月25日  今日もクルクル通信370号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

GACKTがヤバすぎる。

GACKTの勝ち方を読んで、何度こう叫んだのか?わかりません。

言葉のパンチ力が半端じゃないです。

先日のブログで、

自信とは、自分に対する信用

であり、

私自身が、誰よりも自分を信用したいからこそ、決めたこと継続する。これを大切にしている

ということを書きました。

しかし、

「いや、わかるけどさ、でもさ…中田が言うなよ」

という方がいらっしゃったかもしれません。

ですが、

GACKTがそのまんま同じことを言っていました。

===
例えば、体を鍛えると決める。

やるからには毎日やると決める。バキバキになると決める。(中略)

週に1度のトレーニングでも鍛えることはできるが、ポイントはそこじゃない。

毎日継続するということが精神の軸になる。

「これだけやってんだから、誰にも負けない」という自信になる。

そして、全身がバキバキに仕上がった自分の姿を鏡で見て、自信が確信に変わる。

「ヤレばできるんだ…」と。

その確信は、明日も怠らない、という正のエネルギーになる。

日々の鍛錬や、毎日やっていることは嘘をつかない。サボれば体が明確に反応する。

嘘つきは信用できない。

だから自分に嘘をつかないためにも、1度決めたトレーニングは必ず毎日続ける。

よくこの、【ヤレば出来る】という言葉を誤解して使っているものを見かける。

これは行動を取る前に言う(できなかった時の保険)言葉でなければ、過去を振り返って言う(現在やってないことに対する言い訳)言葉でもない。

この言葉は今、この瞬間にやっている者だけが発言することが許される言葉。

【毎日サボらずにやっている】という行動が、【自分はできる】という自信になる。精神的な軸はそこで生まれる。
===

毎日の継続が精神の軸になる。

いやー、かっこいいっすよね笑

さらに、この一文が続いています。

そこまでして、やっと、自分を信じることができる思考を生み出すことができる。

行動が思考を築くという実例だ。

行動が思考を築く。確かにそうですよね。

この深さは、勉強になりました。もっと掘らなければ!と。

最後にもう一つ。

度々このブログで、まずは行動からDCAPなんてことを書いてきましたが、これまた、GACKTも言っていました。

===
知・覚・・動

知・覚・・考

たったこの二つの違いが、成功する人とそうじゃない人を分ける。

知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)

===
だと。

この言葉。めちゃいいですよね?

本来であれば、なんか自分で足して、オリジナルなものにしたいところなのですが笑

素晴らしすぎるので、そのまま、頂きます!

ということで、

知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)

継続すること

この2つを軸にした戦い方しか知らないので、愚直にこれで勝負していこうと改めて決意しました。

恐ろしい成果をあげている人間が、ここにもいた訳ですから。

知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)

なのです。
*****
【今日のうねり】
毎日継続することが、精神的な軸になる。それが自信に繋がる。
そこまでできて、やっと、自分を信じるという思考が生まれる。
行動が思考を築くのだ。
行動が思考を築くのだから、
知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)
なのだ。