ブログ=メモリクリーナー

==========
令和元年葉月29日  今日もクルクル通信374号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昔あるところに1人の僧侶がいた。

その僧侶は人生の意味を教えてくれる賢者を探していた。

隣の国に1人の導師が暮らしていると聞き、探しに行った。

何ヶ月も経って、やっとその賢者の家を発見した。

覚悟を決めて、その家に入ってみると、

中にテーブルがあり、お茶の入ったポットとカップが2つ置いてあった。

とても喉が渇いているので、カップにお茶を注いだ。

するとその瞬間に、導師が現れて、お茶の入ったカップを見ると、首を振り、そのまま立ち去った。

そのまま待ち続けたが、結局導師は現れなかった。

翌日、早朝また家を訪ねたが、やっぱり家の中にはテーブルとポットとカップだけがあった。

ポットのお茶をカップに注ぐと、目の前に導師が立っていた。

導師はまた、僧侶を見て、それから、お茶の入ったカップを見ると首を振り、そのまま立ち去った。

同じことが何度も続き、僧侶はついに我慢できなくなって、

「先生、私はあなたから学ぶために遠くから旅してきました。今日はどうか立ち去らないでください。教えてください。

導師はポッドを手に取り、縁までいっぱいにお茶の入った僧侶のカップに、さらにお茶を注ぎ始めた。

お茶がカップから溢れ出し、テーブルの上に、そして床の上に流れ出した。

導師は言った。

「あなたの精神は、このカップと同じだ。縁までいっぱいに中身が入っている、それを空にしなければ新しいものを注ぎ入れることは出来ぬ」

 

今朝、こんな寓話を読みました。(↑は概略です)

もし新しいことを学びたいのなら、自分を変えたいと思うなら、

まずは今あるものを廃棄しなさい。自分の中に余白を作りなさい。

そうしなければ、決して新しいことは身につかないですよ。

その余白を作るためにはどうしたらよいのか?

まず、自分以外の人のストーリーや考え方、価値観に触れてみることが良いのではないか。

そんなことをメッセージとしている話なのかなと思いました。

人って自分が一番可愛いし、自分が正しいと思いたい生き物だと思います。

ですが、もし、何かうまくいっていないと感じていたり、変化が欲しかったりするのであれば、

1歩外に出てみる。

自分のコンフォートゾーンを

人の話を聞いてみる。

そこで感じたことを素直に受けて入れてみる。

そうすれば、少しずつ、廃棄をする一歩が踏み出せるのではないか。

自分の中に余白を作ることが出来るようになるのではないか。

面倒くさいし、わざわざやりたくないかもしれないけれど、それが大切なのかなと。

 

書いていたら、なんだか、初期のスマートフォンでよく使っていた、メモリクリーナーを思い出しました。

昔は、重くなると、一日何回でもこのアプリを起動していましたよね?

あんな感じで、余計なものはどんどん閉じる。捨てる。

そうすれば、いつも最適な状態でサクサク動けるようになるかもしれませんね。

ただでさえ、チープなメモリですから、常に軽くしておかないといけないですから。

このブログも、そのクリーナー的な役割をしているような気もしてきました。

人と出会い、話を聞き、本を読み、そこで感じたことを振り返る。

この省察行為は、ある種の廃棄作業ですからね。

ブログ=メモリクリーナー

と言ってよいのかもしれません。
*****
【今日のうねり】
新しいものをインストールしたければ、今あるものを廃棄しなければならない。
余白がなかったら、新しいものを入れることが出来ないから。
では、どうしたら余白が作れるようになるのか?
自分以外の人の価値観、考え方、ストーリーに触れることなのではないか。
そこで感じることを素直に受け入れるのが良いのではないか。
そこで触れたことを、書き残す、ブログという行為は、スマホのメモリクリーナーと同じ役割と言えるのだ。