否定語を使いたくなるのは、それが一番ラクだから。

==========
令和元年長月10日  今日もクルクル通信385号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

ネガティブな言葉を使わない

個人として、とても大切にしてきました。

このブログでも、一切、ネガティブワードを使わないことをルールとしてきました。

最近新しいプロジェクトに入り、打ち合わせをする回数も増えているのですが、

第3者との打ち合わせをする時こそ、

ネガティブな言葉・否定語を使わないことは、より大事になるように感じています。

特に、

新しいアイデアや企画を考える時はなおさらです。

ハーバード流交渉術にもありましたね。

選択肢を多く用意する。行動について決定する前に多くの可能性を考え出せ。

そのために、その場で否定してはならない

と。

もちろん、議論を発散させるフェーズと、まとめにかかるフェーズで、多少は異なるとは思いますが…万が一、使う場合は、言い方をよくよく検討しないとですね。

 

ネガティブワードを使っちゃいけないなと思う一番の理由は、

可能性がなくなるから。

なのですが、なぜ、言いたくなってしまうのか?というと、

ラクをしたいから

なのではないか?とふと思ったのです。

新しいことを考えること。可能性を検討することって、面倒くさいじゃないですか

その面倒くささは、その場で否定して潰せば、解消されますよね?

そこでつぶせば、その後の脳内メモリーを一切使わなくて済むんですから。

それが一番ラクなんですよね。

誰だって、ラクしたいもんですよ。怠惰ですから。

その楽なことを、もっともらしくできるのが、否定することなのではないか?

やらない理由を作ることなのではないか?

って思ったのです。

誰もが、緊急かつ重要なこと=第一領域に追われていて、

新しいことって、緊急ではないが重要なこと=第二領域だから、先延ばししたくなるんですよね。

第一領域をやっておけば、やった感も出ますし。

でも、そこで、踏ん張って、

新しい可能性を考えてみようとする。

その心構え一つで、個人はさておき、複数人で打ち合わせをしているときは、可能性が爆裂することがあるのではないか?

そんなことを思いつつ、

まずは、率先垂範の精神で、自分自身がポジティブワード全開で行くことから始めていきます。
*****
【今日のうねり】
否定語は使うのはやめよう。
それは可能性がなくなってしまうから。
なぜ、使いたくなるのか?
それは、否定するのが一番ラクだからだ。
でも、そのラクさにかまけていると、新しいことは一切生まれない。
毎日、わずかでもよいから、新しいチャレンジをする。
そこから、可能性の芽が生まれるのだ。