自己維新のために

==========
令和元年長月18日  今日もクルクル通信393号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

明治維新の、維新という言葉の意味は、

だんだんに日々変化していくこと

だそうです。

この言葉は、もともと、

周は旧邦なりといえども、その命これ新たなり

という中華最古の詩編である、詩経からとったといわれています。

周は千年以上も続いた国だが、その生命は清新で古びることがない

という意味です。

維新と革命は全く別物。

維新は、徐々に日々変化していくことだが、革命は根本からやりかえること。

維新。いい言葉ですよね。

こういった言葉に出会うと、またいつもの構文が発動されて、

毎日の僅かな変化も日々の積み上げでしか生まれない。

毎日弛まずに行動するしかない。

と、思うようになります。

将棋の名人羽生さんは

10年、20年、30年、同じ姿勢、同じ情熱を傾けられることが才能だと思う

と言っていました。さらに、こういう言葉に出会うと、

継続してやり続けることでしか成果は得られない

という構文も発動されます笑

 

とはいえ、毎日そんなに、弛まずに続けていくことなんて難しいだろう?

と思いがちなのですが、そこで必要なのが目標

「どうしても達成したい!」と思える、目標があれば、

それを達成するにはどうしたらいいか?

と考え、行動し続けられるようになるんでしょうね。

でも、その達成したい!って気持ちが、あんまり強く持てないようなだったら、自分が盛り上がってこないようなだったら、目標としては、ふさわしくないのかもしれません。

松下幸之助さんは、

二階に上りたいなぁ、ではまだまだダメである。なんとしても二階に上がりたい。そんな熱意がハシゴを生み出す。

と言っていたそうです。

そんな盛り上がってくるような目標のことを、理想とも言うのかもしれません。

陽明学者の安岡正篤さんは、理想について次のように言っています。

太陽の光に浴さなければ、物が育たないの同じことで、人間の理想精神というものは心の太陽なのだ。

理想に向かって情熱を沸かすことは、日に向かう、太陽を仰ぐということだ、これがないと人間のあらゆる徳が発達せず、したがって、才智芸能も発達しない

 

とは言いつつ、日によっては、モチベーションが上がらない日があるじゃん?

みたいなこともありそうですが、そんな時は、イチローが小久保に言った言葉を思い出す。

「小久保さんは数字を残すために野球やっているんですか?」

「僕は心の中に磨き上げたい石がある。それを野球を通じて輝かしたい」。

(相変わらず、イチローはかっこいいっすね)

先人の言葉に触れ、気持ちが動かされるからこそ、小さな行動を毎日積み重ねることができるのではないか?

毎日の行動は良質な言葉に触れることから。

自己維新に向けて弛まず行動あるのみなのです。
*****
【今日のうねり】

維新という言葉の意味は、だんだんに日々変化していくことだ。
そのためには、日々の行動が欠かせない。
羽生名人も30年、同じ情熱、同じ姿勢で続けられることを才能と言っている。
積み重ねていくしかない。
そのためには、目標が必須だ。それは理想とも言え、安岡先生は、理想とは太陽だと言っている。
毎日良質な言葉に触れ続ければ、落とすことなく日々行動できる。
それが、目標に近づいていくたった一つの方法だ。自己維新を実現するのだ。