職業は油売り??

==========
令和元年長月21日  今日もクルクル通信394号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========
今日は月に1度の終日セミナー。

朝10時から夜9時まで、濃密な時間を過ごすことができました。

月に1回このような形で、良質な言語体系を学ぶということは、それだけでかなり価値があると思うんですけど、

それと同じくらい貴重だと思うことは、

自問自答する時間がまとまって取れることだと思っています。

こういった時間は普段はまとまって取ることは難しいんですが、強制的に、月に一回天引きできるから楽です。これもセミナーの価値だと思うのです。

 

今日は話を聞きながらも、

自分が提供していることってどんなことなんだろう?

そんなことを考えていました。

一つ思ったことは、

じゃねってことです。

コク・キレ・アロマまとう人間になる

ってことは何度かで書いてきましたし、アロマっていうのは、自分の中では、

出会った方々にエネルギーを与えられること

なんです。

あるいは、着火剤かも?ってことも書いたことがあります。

油っていうのは、これと同じで、表現違いなんですけど…

火に油を注いだら、仮に小さな火だったとしても、大きく燃えます

からね。

気持ちが燃える(=エネルギーの付与)

あるいは、

そもそも人が好きですし、コミュニケーションに関心があります。

コミュニケーションってのは、

潤滑油

ですよね。

複数の物体が接していれば、摩擦を生じるのは自然の法則である。人も同じである。

と、ドラッカーも言っていますが、

そこに潤滑油があれば、摩擦をめちゃめちゃ減らすことができます。

目指せ!摩擦係数ゼロ!

コミュニケーションの仕事に従事するっていうことは、

潤滑油じゃないか。

そんな2つの意味で、

提供していることは、油?

と思った訳です。

えっ?うねりじゃないのか?

そんなツッコミがありそうですが、

というか、自分で突っ込んでいるんですけれども、

うねりも油も一つの比喩表現。

 

職業、油売り。

変な油は売りません笑

良い油を提供するために、そもそも良い人であり続けなければならない。

そんなことを改めて考えた、土曜日でした。

本日も本当にありがとうございました。
*****
【今日のうねり】
自問自答をする時間をまとまって取ることは大切なこと。
簡単にとることができない時間だからこそ、強制的に月に一回天引きできる、月一セミナーは貴重なのだ。

自分の仕事は油売りみたいなものだ。
なぜなら、
人の気持ちに火をつける油。
コミュニケーションは人と人。会社と人をつなぐ潤滑油
役割があると考えられるから。