モネ展に展示されている友人の絵画を見て、自分だけの「リアル情熱大陸」を作るように生きていこうと決心しました。

今日は横浜デーでした。
午前中に愛してやまない、バニラビーンズでソフトクリームを食べて、その後は今日が最終日の「モネ展」を見に横浜美術館へ行ってきました。
まずはバニラビーンズ
ほんと、ここのチョコレートソフトクリームが美味しいですね。個人的には日本一だと思っています。バニラビーンズの八木社長とは10年来のお付き合いがあって、彼のチョコレートは食べるたびに感動があります。ショーコラ、ソフトクリーム、ドーナツはまじで絶品です!
是非食べてみて下さい。

モネ展には、高校の同級生、児玉麻緒画伯の絵が展示されていました。
展示されていたのは、彼女が、実際にモネの庭に行って、インスパイアされて描いた睡蓮の絵です。

この絵は、過去の展示会で見たことがあったのですが、今回は美術館展示だったので、より一層素敵に映りました。
何よりも、本家のモネと一緒にいた展示されているというのですから、
その光景を目の当たりにした時は、
正直、震えました。鳥肌が立ちました。
「お前もモネのなにわかってんだよ!?」
と聞かれたら、
すみません。なんにもわかっていません。
と回答せざるを得ないのですが。
が、
自分の同級生の絵が、歴史に名を刻んでいる画家と一緒に展示されているという、この事実だけで、凄すぎるじゃないですか。心震えるじゃないですか。
20万人の来場者に見てもらったって、痺れるじゃないですか。

それで、昨日書いた、情熱大陸を見てテンションが上がりまくった!じゃないけれども、思ったんです。
この2人って、まさに僕の「リアル情熱大陸」じゃん!?って。
というか、これからもこうやって、自分だけ「リアル情熱大陸」をプロデュースするように生きていったら、人生がめちゃくちゃ豊かになるんじゃないか!?って。
だって、そうじゃないですか
自分の仲間が、出会った方々が、
誰かに感動を与えることができて、
人にエネルギーを与えることができて、
心震える経験をさせることができる
のであれば、
それはまさに「リアル情熱大陸」人生が感動で溢れて行きますよね。

だから僕自身も、出会った人達の「リアル情熱大陸」に取り上げてやってもいいかな?
と思われるように、
エネルギー爆裂、アロマ香るように生きていこうと決心しました。

児玉、今日は1日有難うございました。楽しかったです!

■ 100人プロジェクト 39/100(前日比+1)!!
児玉、テキスト待っています!
ちょっと ペースが遅れ気味なので、もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
(100人プロジェクトはこちら:https://surging.co.jp/archives/71 )