私の本の選び方

==========
令和元年長月26日  今日もクルクル通信399号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨日ご紹介した細谷さんの、メタ思考トレーニングですが、言わずもがなで、

自分で本屋に行ったり、アマゾンで調べて買ったものではありません。

自分が一方的に、先生だったり、師と仰いでいる人のおすすめ本です。

このブログでも何度も、書籍を紹介させて頂いておりますが、いずれもほぼそういった方々のオススメ本です。

ここ数年は、自分の目利きで本を選んで買うということはほぼありません。

自分の10倍、100倍も本を読んでいる、しかも自分が尊敬している人のおススメ本を読めば、すべるはずもないからです。

でも、実は、すべらないっていうのは、あまり本質的ではなくて、それよりも大事だと思っていることは、

自分がいいなと思っている人が影響を受けたものを読み続けるということが、

その人の思考体系というか、頭の中を輸入するのに一番効果的

ってことです。

もちろん、今日は勝間和代さんが勧めていた本、明日はホリエモン。明後日は孫さん。明々後日は柳井さんのおススメ本。みたいな感じで、

著名な方のオススメ本を読み漁るという方法もあるとは思うのですが…効果薄いのでは?って思うのです。

それって、大学受験の数学Ⅱの参考書にも関わらず、

Z会のものにも、駿台予備校のものにも、あるいは、大学への数学にも手を出す。

で、結果として成果を挙げられない。みたいなイメージに近いなって。

まあ、それって、まさに大学受験時代の私なんですけれども笑

「どんな参考書でもいいから、1冊決めて、隅から隅まで100%理解してみろ!そうしたら、あれ、これ手を出すよりも成果が上がるから」

って、今なら自信を持って言えるんですが笑

 

で、今やろうとしていることは、受験勉強ではなくて、ビジネスパーソンとしての修養です。

世の中で成果を上げている人は五万といても、自分が「あっ!この人いいな」と思うのは、わずかだと思うのです。

もし、そんな人に出会えたならば、その人のおススメを徹底的に輸入する。

ということが、生き方として良いはず。

自分としての成果が上げられる確率が一番高いのではないか?

そんなことを思うからこそ、他には見向きもせずに、

少なくとも今は、師匠のおすすめ本だけで自分の思考を満たしていこうと思っているのです。

編集作業はまだまだ先なのです。

このように考えてみると、

そういった先生や師匠と思える人に出会えるか?

がなにより大切なんですよね。

3年勤め学ばんよりは3年師を選ぶべし

やっぱこれなんですよね。

もし、そういった人に、幸運にも巡り合えているのであれば、そこにオールインなのです。
*****
【今日のうねり】
もし、自分が師匠と思える人に出会えているのであれば、その人の思考体系を丸ごと輸入することが最も効率的だ。
その最適な方法の一つが、その人のおススメ本を徹底的に読みつくすことだ。
複数の人のおススメ本を読んでいても、結果的には成果は上げづらいのだ。絞ることが大切。
編集作業は、そのあとで十分なのだ。
だからこそ、師匠に巡り合えることが、何より大切なのだ。