悲しい夢は吉兆の兆し

昨晩は、悲しくて、ワンワン涙を流す夢を見ました。
明け方、あまりにも夢が辛くて目を覚ましました。
結構汗もかいていました。
滅多にこんなことがないので、起きたと同時に、ググってみました。
Google先生によると、
悲しい夢を見るというのは、
喜ばしいことの予兆とのことでした。

確かに、今日はかなり重要な打ち合わせがあって、うまくいけば今まで経験したことのないような新しいチャレンジができるものでしたので、
「こりゃきたな!」
朝イチからそんな気分になり、ワクワクしました。
今、1日を振り返ってみると、
想定していたことが実現した訳ではなかったです。しかし、捉え方によっては、想定していた以上の未来が開ける予感もしましたし、
今までほとんど会話をしたことがなかった電通の先輩から連絡を頂戴したり。数年ぶりに大学部活の後輩から
「100人プロジェクト、協力させてください。飯ご馳走してください」
という連絡をもらったり、確かに動きがあるんですよね。
自分が想定していたことなんて、非常にちっぽけなことで、もっと新しい大きな可能性がある
と教えてくれる先輩経営者がいること
に感謝しながら
想定できることなんて大したことじゃない、きっとこれからすげえことが起こるんだ
と、自分自身に「超勝手に」期待をして、
明日もコツコツいきたいと思います。

===
■ 100人プロジェクト 39/100(前日比0)!!
児玉、テキスト待っています!
ちょっと ペースが遅れ気味なので、もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
(100人プロジェクトはこちら:https://surging.co.jp/archives/71)