「ありがとう」の反対は「当たり前」

==========
令和元年神無月7日  今日もクルクル通信410号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

愛の反対は憎しみではなく無関心です

と言ったのは、マザーテレサですが、

何かを行動すれば、反応が返ってきますよね。ポジティブなこともネガティブなことも。

でも、仮にネガティブなメッセージを頂戴したとして、こちらに学ぶべきところ、反省すべきところはあるとしたら、それは次に活かせば良いだけで。

と言いますか、学びがあるのであれば、それはそもそもネガティブではないですね。愛ですね。

忘れてはならないのは、行動したからこそ、その反応を得られたってことではないでしょうか。

行動したからこそ、その反応(結果)が得られた訳です。

そもそも、ポジティブなこともネガティブなこともコメントバックがあるだけで、すごいことだと思います。

ブログを1年以上毎日帰ってきてこの気持ちは強くなるばかりです、普通返ってこないですよ笑

 

大体、ネガティブな反応をしている人って、行動してない人なんじゃないか?って思ってしまいます。

行動している人であれば、まず最初に、その行動を称賛すると思うのです。

その行動の大切さを知っているから。

その価値と大変さが分かっているから。

もしそれらの反応が、自分に対して向けられているものでしたら、

最初に返す言葉は、

ありがとうございます。

なんですよね。それ以外はあり得ないかなって。気にかけてくれているってことですから。

ありがとうの反対語は、

当たり前

という話を聞いた事があります。

たしかにそうですよね。

人間は慣れていく生き物ですから、そのありがたさを忘れがちです。

ありがとうの反対語は、当たり前

噛み締めておきたいものです。

自分が行動する人間であり続けられるなら、

愛を持つことも、

ありがとうを言える

のではないか?

てか、行動している人は、そもそも、ネガティブなことを言っている暇すらないかもしれないですね。

と、とあるYouTube上の動画を見て、

勇気を持って行動をしているなー

と思ったんですけれども、

一方でネガティブな書き込みも山ほど見て、そんなことを思ったのです。
*****
【今日のうねり】
行動している人は常に称賛されるべきだ。
ネガティブなことを言っている人は、往々にして、何もしていない。人なのではないだろうか。
行動をしている人は、称賛することはあっても、否定することなどない。その行動を価値を知っているから。
というか、そもそもそんなことをしている暇がないのかもしれない。
行動をし続ける人は、「ありがとう」言えるし、愛もある人なのだ。
ありがとうの反対は、当たり前。