解釈力の源泉は、感謝にあり

==========
令和元年神無月12日  今日もクルクル通信414号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

全盲ヨットマン岩本さんの講演から。今日が3回目で、最後になります。

岩本さんは、

人生で大切な3Kがある

という話をされていました。

その3Kとは?

感謝、絆、希望

の3つです。

特に、感謝について書きます。

16歳で完全に視力を失った、岩本さんは、自分が育った天草の海に身を投げようとしたが、結局できなかった。

その夜、おじさんが夢に出てきて、

お前が視力を失ったことには意味があるんだぞ。生きろ!

と言ったそうです。その言葉を信じて、今まで生きたそうです。

あるいは、1回目の太平洋横断チャレンジの時に、クジラにぶつかって失敗。

自衛隊に救助され、それをメディアから大バッシングを受けて、一時鬱になったこともあったそうです。

しかし、それを乗り越え、今回の太平洋横断の成功。

今では、そのすべての経験に感謝しているそうです。

 

何か嫌なことが起こっても、

ありがとう

と言ってみる。

なんで、俺にこんなことが起こってるんだ!

なんて思ったとしても、

ありがとう

と言ってみる。

そう言い続けていると、何か意味を見出そうとするのが人間。

必ず、何かが見つかる。意味が見つかる。

そう、仰っていました。

岩本さんがおっしゃるからこそ、しかも生でそれを聞いた、その説得力は圧倒的なものがありました。

もしかしたら、解釈力の源泉は、感謝にあるのかもしれません。

 

環境に文句を言うことは簡単。

でも、環境や人のせいにしている人。他責思考の人に、チャンスなんて回ってこないんだそうです。

ありがとうは魔法の言葉。

当たり前は、絆を傷つける。

ありがとうの反対は、当たり前

と言っているようにも感じました。

 

今日、読んでいた本に、という漢字の説明が書いてあったんです、偶然。

という漢字はから成り立っていますよね。

の中に書く人間が手足を伸ばしている姿。そして、口は囲い。つまり、環境

何のおかげで自分がのびのびと生きてられるのだろうか?

そう感じられる心が

この漢字の中に

恩を知っている人は

他責ではなく、自責。

自然と、「ありがとう」って言える人だよね?

そんなことが語られていると思ったのです。

それにしても、岩本さんは素晴らしい人でした。巡り合えたことに感謝。

少しでも近づけるように、日々積み重ねていくのです。
*****
【今日のうねり】
どんな環境になろうとも、「ありがとう」を忘れない。感謝をファースト。
そうやって生きていれば、他責ではなく、自責にしかなりようがない。
そんな心構えが、解釈力を鍛えてくれ、プラスの人生に導いてくれるのだ。
ありがとう&自責。「恩」と言う感じにはその意味が込められている。