40歳からが本番なんです。

==========
令和元年神無月13日  今日もクルクル通信415号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

という漢字は、

十を書いて一を書いて心と書きますよね。

十ある心を一つに定めていく

常にちらちらと散らばっていく心をまとめて、一本に絞り上げていく

という意味だそうです。

そして、

心の焦点を一つに定める志を立てることを立志

と言います。

今日はこんな言葉に出会いました。刺さりました。

 

今まさに、どういった仕事に絞っていくのか?

ということを考えている。

いや、自ずから絞られてきているといった方が正確かもしれません。

そんな時だからこそ、

そうか、志か!

なんて思ったのです。

でも、そんな簡単に、志が定まるってわけでもなさそうですよね。

もちろん、孔子ばりに、10代で、志を立てられた方もいらっしゃるかもしれませんが、

ここは若干の個人差があっても良いのかもしれません。

最終的にビシッと定まればいいのではないかと。

では、

例えば、年齢でいうとどれくらいまでに決められると良いんでしょうか?

15歳にして志学した孔子も、

四十にして惑わず

と言っていましたし、

礼記でも、

四十にして仕ふ

とありますから、

40歳というのが一つのターゲットとなりそうです。

それまでは、修業期間。40歳からが本番なんです。

焦って焦らずの精神で、

大量行動をし続ける。

その過程で、無数にある心を一つに定め、世の中に価値を提供できるようになっていこう思ったのです。
*****
【今日のうねり】
古来より、40歳までが修業期間で、本番はそこからだ。
それまでは、紆余曲折あったって構わない。
そのタイミングで、ビシッと立志出来れば。
それに向けて、日々の大量行動を積み重ねていくのだ。