落語会に行って、中島みゆきさんの「ファイト!」の歌詞を思い出す

==========
令和元年神無月17日  今日もクルクル通信418号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨晩は友人の幼馴染の噺家、三遊亭とむさんの独演会@東京国際フォーラムに行ってきました。

何も下調べを知らずに行ったのですが、

なんと、とむさん、まだ二つ目

それにも変わらず、1500人規模の国際フォーラムで独演会とは!

しかもavex所属。avex所属の噺家がいるとは!

冒頭の話を聞いて、ただただびっくりしました。

会は?というと、天狗裁きで、ワイヤーアクションがあったり、役者が演出登場するなど、

寄席しか見てない私には新鮮で、色々と新しい発見があり、楽しい会でした。

それはさておき、

座布団一枚に、体一つ。自分の名前で商売をする、噺家ってすごい職業だなと思ったのです。

今更なのですが…

良いも悪いも、上手いも下手も、稼げるも稼げないも、全部自分の責任。

言い訳なんて一切できない。

覚悟が求められる仕事だなぁと思ったのです。

ミュージシャンも、漫才師も、作家も同じですかね。

自分の腕一つで戦う商売って本当に厳しいですよね。

噺家なんて後ろ見たってマジで何もないですから。しかもライブ。

あるとしたら、金屏風くらい。基本は、座布団1枚。オンリー。

それに加えて、2つ目で、独演会。

どれほどのプレッシャーをとむさんは感じながらやっていたのだろうか?

その恐るべき緊張や、覚悟を想像していたら、噺にもだいぶのめり込んでしまいました。

特に最後のネタは、妲己のお百という怪談もの。(初めて聞きました)

集中していた分、大事な場面で言い間違えたことを発見してしまいました笑

 

覚悟を持って戦っている人に触れると、エネルギーがもらえますよね。

かっこいいですね、とにかく、まずはリスペクト。応援したくなります。

一方で批判する人もいるのかもしれません。

二つ目のくせに、独演会なんかやるな!

ワイヤーで演出する前に腕を磨け!

とか。

でも、そういうことを言う人は、大抵の場合、戦ってないのではないでしょうか。

戦ってさえいれば、そのプレッシャーや、その心意気を想像するようになりますから。そういう批判って言わないんじゃないかなと。

中島みゆきさんのファイトの歌詞にある、

ファイト!戦う君の唄を 戦わない奴等が笑うだろう

こんな感じですかね。

ファイトし続けてる人にはアロマが香るのかもしれません。汗臭さじゃないですよ笑

負けじと、ファイトし続けていきます。
*****
【今日のうねり】
覚悟をもって生きている人はかっこいい。それに触れるだけでエネルギーがもらえる。アロマ香るのだ。
時に、そういった人のチャレンジを批判する人がいるが、そういった人はたいていの場合、ファイトしていないのだ。
自分がしていたら、その行動に敬意を示すものだから。
ファイトし続け、エネルギーを与え続けるのだ。