習慣化の鍵は、言葉を「衛星」のように頭の周りに回し続けることじゃないかと思いました。

昨日のブログで、「出っ尻」という言葉を頭の中で回せるようになってから、姿勢が良くなってきたと書きました。
このことをブログに書いてから、さらに「出っ尻」意識が、常時高まってきているような気がします。
この変化を考えてみると、
「書く」という行為をすると、より一層意識に乗りやすくなるということ
が分かってきました。
で、今は、「出っ尻」っていう言葉が常時頭の中で回っています。イメージ的には「出っ尻」が僕の頭を衛星みたいに回っている感じです。
でも、地球の周りを回っている衛星と違うのは、僕が意識でこの言葉を強烈に引っ張っているからこそ、何とか回り続けているということです。
これを続けて、「出っ尻」が無意識に定着してくると、この衛星が、何の負荷も欠けることなく、僕の頭を回り続けるようになると思うんですよね。
まるで、本物の衛星のように。
無意識に出っ尻できるようになれば、出っ尻が習慣化される。そうすれば、
「無意識」で、正しい姿勢を獲得することができるようになる。
正しい姿勢という新しい習慣を身につけることができるようになる。
こう考えてみると、習慣化の鍵の1つは、
言葉によって意識付けすること。
言葉を頭の中で回すだけでなく、書いてみる。言ってみること。

と言っても良いのではないでしょうか?

もちろん、人間の認知力には限りがあるので、1度に回せる衛星の数は限られています。
しかし、ちゃんと優先順位をつけて一つ一つの衛星を無意識で回せられるようになってくれば、良い習慣がたくさん身についていく。
すると、身につけた分だけ、どんどんいい人生が歩めるようになるのではないか?
そんなことを思いました。
焦らず欲張らず、毎日コツコツ衛星の意識付けを行っていきたいと思います。

===
■ 100人プロジェクト 43/100(前日比0)!!
もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
100人プロジェクトはこちら

引き続き宜しくお願いします!