夢についてもっと考えようと思った日曜日の午後

今日はSさんとWさんの定例会でした。
2人とも会社経営者。しかも、いつも高い意識を持って行動されている方々なので、毎回学びと刺激が多いので、やめられません。
いつもありがとうございます!
会の中でSさんが自分の将来の夢について話をされました。
「俺は将来、小学校で子供達向けに○○なことをやりたいんだ。日本の科学力向上に貢献も出来そうじゃん。もちろん自分は家族を養っていけるだけの稼ぎがあった上でだけど。じーさんになって子供と触れ合えるのって、いいじゃん!?エネルギーをいっぱいもらえるし!」
目をキラキラさせながら話をしているんですよね。
で、その夢の内容がめちゃ具体的だったので、それが実現した時の世界が映像として想像できちゃいました。で、きっと、Wさんも映像が浮かんでいたはずです。
同時にその夢がとっても素敵だから、無条件に応援したくなっちゃいますし、自分が貢献できることは何でもやりたいなって思ってしまいました。
夢の力=強く思い、願えば叶う!というものは、いろんなところで語られてると思います。
しかし、今日感じたのは、夢という人が願うストーリーには人を巻きこんでいく力もあるんだということです。

僕自身は将来の自分の目標といったものは多少具体的に描けていると思いますが、
世の中に対してこんな貢献をしたい!
子供達に対してこんなものを残したい!
といったSさんの夢に当たるものは具体的に描けていません。
今、自分が描けていないことが別に悪いことでもないとは思いますが、
世の中に対してどんなことをしたいのか?
子ども世代にどんなことを残したいのか?
ということに対する意識を持たなければ、このままずっと夢を描くことはできないと思います。
日々の仕事プラスαでちょっとそういった世界に思いを馳せなきゃなぁーと思う、そんな日曜日の午後でした。
世の中にどんな貢献をしたいのか?
という衛星も飛ばして行きます。

===
■ 100人プロジェクト 44/100(前日比+1)!!
Sさん、ありがとうございました!100人プロジェクトへのアドバイスもありがとうございます。
もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
100人プロジェクトはこちら