信用残高が最も明らかになる瞬間

==========
令和元年神無月27日  今日もクルクル通信428号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

この週末は人生の大先輩、安田さんの葬儀でした。

あまりにも急で、あまりにも早すぎる出来事で、この知らせを聞いた後は、しばらく心にぽっかり穴が開いてしまっておりました。

人生の恩師と言っても過言ではない1人の方なので、事前準備や、お通夜では誘導係などもさせていただき、

最後は、親族でもないのに、身の程知らずにも、火葬場、初七日の法要までご一緒させていただきました。

安田さんから教えてもらったことは過去に書かせて頂きましたが、大きく3つです。

好きなことを仕事にすること

大きく考えること

そして、もう一つ。

自分の名前で仕事をする

ということです。

「「電通の中田です」

ではなくて、

「中田です」

で、仕事(電話)が出来るようになりなさい」

って、新入社員の時に言われたことを思い出しました。

実際、安田さんはそうでした。

お電話する時はいつも、

「安田です」

でした。

葬儀の事前のお手伝いで、いくつか電話でのご連絡のお手伝いもさせて頂きましたが、

「安田さんが…」

とお伝えするだけで、全ての方が1発で、誰か?ということを分かっていました。

これら3つのことは、自分で事業をやるようになった今だからこそ、なおさら強く意識していることになっています。

 

このブログでは、

信用残高の積み上げていくこと

これが人生において大切だ。

ということを書かせていただいてきましたが、

その残高が最も現れる瞬間は、

自分の葬儀の場においてなのではないか?

そんなことをお手伝いをさせていただきながら、感じました。

当初の天気予報もひっくり返り、2日間とも素晴らしい天気に恵まれ、

2日間で、お越しになられた方は、おそらく300人位だったのではないかと思います。

安田さんのお仕事柄、アート界の巨匠も参列されておりました。

最後の最後まで数多くの方々が涙を流されている姿を拝見すると、安田さんは、

もうこれ以上蓄えることができないのではないか?と思えるほどの信用を積み上げていたのだろう

と感じざるを得ませんでした。

 

もう二度と、お仕事をご一緒できないと思うと、大変残念ではありますが、

教えていただいたことを実践し続け、信用残高が積み上がっていく仕事をしていきます。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

短いですが、今日はこの辺で。
*****
【今日のうねり】
人生においては信用残高の貯蓄が大切だ。
その残高が最も明らかになるのは、自らの葬儀においてだろう。
そのために、緩まず弛まず、日々目の前の仕事に全力投球していくしかないのだ。