書くこと=よりポジティブに生きていくためのエンジン

==========
令和元年霜月6日  今日もクルクル通信437号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

ブックライターの上阪さんは、経営者、スポーツ選手、芸術家など、幅広いジャンルにわたり、

2000人以上の方にインタビューをしてきたそうです。

少なからぬ経営者の方が、

「原稿にしなくてもいいから、またインタビューしに来てくれないか?

頭がスッキリして、クリアになるんだ」

と仰ったそうです。

話すことによって、脳内が整理される。脳内がデトックスされる。

特に、何か悲しいことや不安があった時は、1人で抱え込むのではなく、

人に吐き出した方がよっぽど心が楽になる。

誰もが、そんな経験があると思います。

でも、それ以上にデトックス効果があるのは、

それを書き出すこと

そんな話もあります。

ブログを400日以上毎日欠かすことなくやってきて、これは断言できます。

もちろん、話すことでも整理がされますが、

書くという行為は、誤魔化しが効かないんですよね。

話しているときには、気づかなかった、あるいは、気づいていたけど、やり過ごすことができていたこと。

例えば、論理の矛盾などは、書く場合は、スルーすることが出来ません。

見過ごすことが出来ないからこそ、考えていたことをもう一段階、深く思索する必要が出てきます。

そこで、整理ができると、より理解が深まる。

文章として可視化されることによって、デトックス効果が倍増するんですよね。

もちろん、考えたことの歩留まり率も圧倒的に高まります。

 

私の感覚だけでは説得力が少ないので笑

これをサポートするデータもあるそうなんです。

例えば、寝る5分前に、

・数日以内に自分がやらなければならないことを書き出したグループ

と、

・ここ数日間で、自分がやってきたことを書き出したグループ

の入眠スピードを比較したところ、前者の方が平均時間が短かったそんな研究があるらしいです。

あるいは、こんな研究結果もあるそうです。

アメリカの学校の定期テストにおいて、

①何もせずにそのままテストを受けたグループ

②テストを受ける前にテストとは関係のないことを書き出したグループ

③テストを受ける前にテストについての不安を書き出したグループ

の3つに分け、そのスコアを比較したところ、

③のグループが10点以上もほかのグループよりも高かった

そうなんです。

この2つデータは、

不安を書き出すという行為によって、不安が可視化される。

その結果、それと向き合うことで、安心が生まれ、脳内メモリーが解放される。

その状態の方が良い行動が出来る。

あるいは、書き出すことによって、ネガティブだったことが、ポジティブなことに変換される。

そんなことを物語っているように思うのです。

脳内メモリーが空っぽの方が、思考力も行動力も活性化しますよね。

ってことなので、

やっぱり書いた方が良いんですよ。

どんなことでも、気づいたことがあれば、それを書き記した方が

脳内メモリーが解放され、より前向きに生きていけるんです。

(別に、ブログみたいに人に公開する必要もないです。)

そういえば、糸井重里さんは、ほぼ日手帳を携帯しているけれども、スケジュールは一切書いてないそうです。

ただ、その日に気づいたことのメモ帳として活用しているそうです。それがコラムの繋がっているなんて話もあります。

その場で気づいたことはすぐその場でメモする。

人によっては、「忘れてしまうようなことは、たいしたアイデアでないので、メモらない」なんて言う人もいるかもしれませんが、

メモっといて損はないと思うんです。

使えなかったら、使わなければよいだけですし。

ということで、

論理構成力を上げるために。

脳内メモリーの解放と、よりポジティブに生きていくためのエンジン

として、書くという行為は、とても価値があるのです。

今まさに、脳内メモリーが解放されました笑
*****
【今日のうねり】
書くことは、話すことよりも、脳内のデトックス効果がある。
それは、ごまかすことが出来ないから。より論理構成力も磨かれる。
でも、それ以上の効果があるとしたら、それは、脳内メモリーの解放だ。
これが、解放されていればいるほど、人はより生産的になれる。ポジティブにもなれる。
日々、書き続ければ、人生が好転しかないわけがないのだ。