骨とOSと誠実さ

==========
令和元年霜月16日  今日もクルクル通信446号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

詩三百、一言もってこれを蔽う(おおう)。子曰く、思い邪なし

という話があります。

これは、孔子が弟子から

詩経という本には300の言葉が載っていますが、その300の言葉を一言で要約すればどうなりますか?

と聞かれて、

それは邪な思いがない(邪悪な考えがない)

と答えたという話です。

言い換えれば、誠実であることが一番大事だということですね。

あるいは、こんな言葉もあります。

誠は扇の要

人間から誠というものを取ってしまったら、いくら徹しても何も意味がない。人間にとって一番大事なのは、誠である。

という意味です。

扇は要がなかったら、ばらばらになってしまって、使い物になりませんからね。

孔子の時代から比べれば、1000年以上後の話ですが、真木和泉守という幕末の志士が、こんな言葉を残しています。

===
節義は例えていわば人の体に骨あるが如し。

骨なければ首も正しく上に在ること得ず。手も物を取ることを得ず。足も立つことを得ず。

されば人は才能ありても学問ありても、節義なければ世に立つことを得ず。

節義あれば不骨不調法にても士たるだけのことには事かかぬなり。
===

この言葉は、新渡戸稲造の武士道の中で紹介されていました。

この節義を、誠実さと言い換えても大きな問題はないかと思います。

あるいは、ウォーレン・バフェットは、
===
人の採用では3つの条件を大切にする。

第一が人間としての誠実さ、第二が知性、そして第三が行動力だ。

ただし、第一の条件が欠けると、他の2つはその人を滅ぼす凶器と化す。
===

とも言っています。

やっぱり、この誠実さが、人として最も大切なこと。土台となることは、普遍の原理原則のようです。

私が、この誠実さを語るほどの特性を持ち合わせてるとは思いませんが、

少なくとも誠実な人は、

気持ちよく挨拶が出来て、

気持ちよくお礼が言えて、

気持ちよく謝罪することができる

と思うのです。

これは、幼い頃から、親をはじめ、色々な人から口酸っぱく言われてきた、基本的なこと。

当たり前のことですよね。

その昔、電通時代に新入社員に、

「社会人で、一番大事なことは何だと思いますか?」

という質問を受けた時に、この3つのことを申し上げました。

あれからかなりの月日が経ちましたが、この気持ちは今を全く変わりません。

いや、むしろ、大企業を出た今だからこそ、この気持ちが増しています。

当たり前のことなんですけど、大切なのです。

少なくとも、これさえできていれば、「あの人は、誠実でない人だ」とは思われないはずです。

和泉守は、

誠実さを骨に例えています。

これがしっかりしていないと、手も足もちゃんと動かない。

才能があっても、学問があっても、世の中で活躍できない

と言っています。

誠実さが、何よりの土台になる。

コンピューターで例えれば、誠実さはOSというところでしょうか。

どんなに優秀なアプリケーションを入れたとしても、OSがバグっていたら、ちゃんとアプリはワークしない。

ウインドウ95じゃ、パワーポイント2010を使うことなんて出来ないですよね。

OSが重すぎたら、

あの「ドゥーン」という音ともに、青い画面が出てきてしまうじゃないですか。

これと同じように、良い仕事をしたいと願うなら、アプリケーションの前に、良質なOSを搭載することが先なのです。

今回で言えば、

誠実でない人は、仮にどんなに優秀なアプリケーションを持っていたとしても、お仕事を一緒にしたい人とは思われないのではないか?

少なくとも、私は、

一緒にお仕事をさせて頂くのであれば、

気持ちよく挨拶してくれる方が良い。

気持ちよくお礼を言ってくれる人が良い。

チョンボをした時は、気持ちよく謝ってくれる方が良い

って思うのです。

OSという言葉を調べたら、

・キーボードから文字を入力すると、入力した文字が画面に表示される

・マウス・タッチパッドなどを操作すると、操作した位置がわかる

など、普段私たちが「当たり前だと思う機能」を提供してくれるものって書かれていました。

大切なことは、昔から教わっている、当たり前のこと。

それを大切にしていれば、良いご縁に恵まれ、良い人生を歩めるはずなのです。

だって、これは、古来より変わらない原理原則なわけですから。
*****
【今日のうねり】
孔子の時代から、今に至るまで人として一番大切なことは、誠実さ。
OSあるいは、骨みたいなものだ。
この誠実さは、我々も子供の時から、口酸っぱく親から言われてきた「当たり前のこと」を実践し続けていれば、
少なくとも、欠けた人と思われることはないだろう。
これさえできれば、良いご縁に恵まれ、良い人生を歩めるのだ。