ここぞ!って時に用いてこそ策。

==========
令和元年霜月19日  今日もクルクル通信449号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

先月5年ぶりぐらいにメガネを購入しました。

中学生以来ずっと、友人実家の眼鏡屋さんで買っています。

さて、購入した時に、

「2,3週間で出来ると思います。ご用意ができたらご連絡します」

と言われたと記憶していました。

ですが、2週間経っても、3週間経っても一向に連絡がない。

引渡し券を確認しても、「納品日は連絡します」と書いてあるだけ。

特段急いでいる訳ではないですが、せっかく数年ぶりに買った訳ですし、

「さすがにそろそろ欲しいな」と思って、昨日お店に電話をしました。

この待ちの状態は、例えて言うなら、

服を試着もして、買うことを決意。現物がちょっと傷んでいたから、別の商品を他の店舗から取り寄せをお願い。

「数日でお送りします」と言われたのに、一週間待ちぼうけ。

あるいは、

ソシャゲーで、ずっと欲しかったキャラをゲットしたけど、強化素材を持ってなくて、実際に使用できるまでに数日かかってしまった。

みたいな状態でしょうか。

一瞬脱線しましたが…電話をしました。すると、

「ちょうど今日出来上がりました。いつでも取りに来てくださって大丈夫です」

「おぉ、そうか。1ヶ月経っていたけど、今日納品されたんだ」

と内心思いつつ、実際お店に行きました。

先月購入した時の店員さんがいらっしゃって、

「いやー、思ったより早くお届け出来て良かったです!」

とのこと。

「あれ?2,3週間で出来るんじゃなかったっけ。間違って認識していたのか…」

 

こちらは、2,3週間と思っていたから、若干遅いとすら思っている。

一方で先方は、

予定より早くお届けすることができました!(頑張りました!)

みたいに思っていたと思われる。

なんと、このギャップの惜しいことか。

「元々、〇〇な事情で、納品までに1.5月ぐらいかかってしまうかもしれません」

と事前に言ってもらっていたら。いや、正確に言うと、私が認識をしていたら、電話することも、遅いと思うこともなかったんですよね。

もし、ちゃんと認識していたら、逆にこのタイミングでお店から、

「メガネが届きましたので、いつ来てくださっても大丈夫です。」

なんて電話をもらえば、

「おっ、思ったより早いじゃん!いいね!はやく早く行こうっと」

なんて、結構テンションが上がっていたはず。

実に惜しい。

これって、ある種の期待値マネジメントではありますが、このギャップのために

毎回毎回、スケジュールをバッファを持って伝えて、

「予定より早くできました!」

なんて、プレーが正しいわけではありません。そもそもスケジュールがタイトな仕事であれば通用しません。

例えば、広告業界では、1日どころか、1時間の納品を争ったりすることもありますから、使えるケースは稀です。

あるとすれば、

お客様から、どうしても無理なお願いを受けた時。

しかも、先方は、「かなり無理」と思っていて、こちらとしては、「何とかなりそうなお願いだな」って思っている。

こんな感じの情報のギャップがある時は、使えることもあるかもしれません。

この時は、

「いやー、ちょっとやってみます。ギリギリ〇〇に間に合わせます!」

ってバッファを持って、その場でお伝えしつつ、実際はそれより早く納品する。

そうすることで、お客様の期待値を超えて、喜んでもらう。

なんて使い方は、時にはあるかもしれません。実際に使ったことがあります笑 ごくごく稀な話ですが…

いつも使っていたらオオカミ少年になっちゃいますから。そもそも信頼が得られませんから。

これはある種の営業力なのかもしれません。

策とは、「ここぞ!」って時を見極めて使う。だから、策として機能するんですよね。

かの大軍師、諸葛亮公明は、平時にはほとんど策を使わなかったそうです。

平時は巡目で行く。普段は普通だったからこそ、ここぞって時の策が激烈な効果を上げたと言われています。

えっ、まじ?

こんなことあんの?

そんな驚きを与えたからこそ、大軍師になったのかもしれませんね。

意図的にギャップを生み出す。これが策には大切なのかもしれません。

 

まあ、期待値マネジメントや策について書きましたが、

実際は、購入した時に、正確に納期のことを把握しとけばよかっただけの話です。

特にスケジュールやお金といった、信用に関わるところは、丁寧に対応しなければならない。

お客様になることで、そんな基礎的なことの重要性を思うのです。
*****
【今日のうねり】
平時は策を持ちいらないからこそ、いざって時に策が活きてくる。
普段から、策を用いると、オオカミ少年になりかねない。平時は巡目で行くのだ。
平時は巡目。何もないことが望ましいからこそ、日々確認が大切。
普段が普通だから、いざって時に、策を用いることによって、ギャップが生まれる。
ギャップがあるから、策が効果的になるのだ。