文は人なり。仕事も人なり。

==========
令和元年霜月22日  今日もクルクル通信452号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨晩はエアポケット的に時間が出来たので、マッサージに行ってきました。

自発的にマッサージに行くのはおそらく15年ぶり。トランジットが12時間あったら、タイで行った足裏マッサージ以来。

あの時は、辛かった。1時間以内にめちゃお腹が痛くなって、腹を下しましたから。

あとは、マッサージ後の体のだるさ(揉み返し?)が気になったり…マッサージは敬遠しておりました。

そんな私が、なぜマッサージに行こうかと思ったか?というと、

鮒谷さんの11月11日のメルマガで、「若谷さんという30歳とすごいマッサージ師がいる」という紹介がされていた。

かつ、偶然にも、同じメルマガで私のブログもご紹介いただきまして、ただならぬご縁を、一方的に感じていたからです笑

なので、ぶっちゃけたところ、

マッサージを受けに行ったというよりは、若谷さんとお話をしにいく

というのが、目的でした笑

 

昨日の夕方、思い立って予約しようとしたのですが、ググっても電話番号がなく、ホットペッパービューティーからの予約のみ。

これには一瞬手間取りましたが…無事に予約を取ることができました。

エステやネイルサロンなどにはもちろん行ったことがないですが、

そういった類のお店ってホットペッパービューティ経由のみみたいなのって割とポピュラーなんでしょうか?

 

目的が目的だったので、施術を受けてる最中も、施術を受けているのか?会話をさせてもらっているのか?

傍から見たらわからないのではないか?ってほどお話をさせていただきました。

聞くところによると、彼はまだこの世界に入って数年だそうです。それにもかかわらず、

最初の1年足らず最初のお店(茨城)で、指名件数が月100件を超える。超人気!マッサージ師となったそうです。

もちろん業界未経験。1度起業も経験してからのマッサージ師への転向。

マッサージ師という職業と出会うまでは、かなりのモラトリアム期間があったそうで、その間に、数多くの業種をトライし続けた。

その過程で、この職業と出会い、「これだ!」と思ったのだそうです。

「どうしたら僅かの期間で、そんなに指名されるようになるんですか?」

と聞いてみたものの、

「いや、ちょっと分かりません。目の前の事を全力でやってきただけです」

との回答。

残念ながら、マッサージ経験がほとんどないので、マッサージの腕の良し悪しを判断する審美眼を持ち合わせておりません。

ですが、ただ一つだけ言えることは、

彼の施術も、彼と一緒に過ごした1時間も、非常に心地よかった。

ということです。

マッサージに通う、ユーザーの大きな理由の一つが、心身のリフレッシュであったとすれば、

彼の丁寧な施術。リズムの良い会話は、そのお客様のニーズに応えているのではないか?

そんなことを思いました。

ゆっくり寝たい人はゆっくり休ませてくれるはずです笑

 

文は人なり

という言葉がありますが、

声も人なり。

施術も人なり。

あるいは、

仕事は人なり。

と言えるのではないか?

マッサージ師でも、料理人でも、システムエンジニアでも、コンサルタントでも、

どんな職業でも、その人の人柄が、提供しているサービスを通して現れるのではないでしょうか。

彼の手の温もりから伝わる、丁寧のお人柄にそんなことを思うのでした。

 

ちなみに彼は、

元々キャリアをスタートした茨城を出て、現在、こちらに移籍してきています。

その理由は、ここのオーナーがとてつもない先生だから。お会いした時に、「これだ!」と思ったからだそうです。

予約可能な3ヶ月先まで常に満席。

もしかしたら、この世界にはこのようなゴッドハンドは何人もいらっしゃるのかもしれません。

ただ、「これだ!」って思える、師匠に巡り合ったら、そこに全突っ込みする。

その成果の出るとしか思えない基本姿勢にも大変なエネルギーをもらいました。

とはいえ、

15年ぶりに受けたマッサージは、期待を圧倒的に超え、めちゃくちゃ気持ちよかったですし、

心地よい空間を過ごすのは大変なリフレッシュにもなるので、定期的にお邪魔したいと思います。

なんて、まとめに入ろうとしていたところに、彼から

「お体のダルさなどはのこっていませんか?」

ってSMSが届いていました。やっぱり、細やかな気遣いがあるんですよね。指名が増えるわけです。

 

偶然、同じメルマガで紹介されただけのご縁ですが、

これを「たった」と思うのか?「貴重な」と思うのか?

で人生は変わるはず。

小才は、縁に出会って縁に気づかず
中才は、縁に出会って縁を生かさず
大才は、袖振り合う縁をも活かす

って言われますから。

とりあえず行動してみる。DCAPの精神。知(とも)・覚(かく)・動(うご)・考(こう)で行くのです。
*****
【今日のうねり】
仕事は人なり。人柄はその人が提供しているサービスに必ず現れるもの。
目の前の仕事を一つ一つ、丁寧に積み上げていくのが成果を上げる近道なのだ。
大才は袖振り合う縁をも活かす。そんなご縁も大切にする。行動が大切なのだ。