一番利回りの良い投資は、自己投資

==========
令和元年師走9日  今日もクルクル通信470号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

事務所を移転することになり、「町」の不動屋さんと話をしています。

よくよく考えてみたら、町にある不動屋さんに入って、物件の話を聞くことは、事務所・自宅問わず初めての経験です。

今までは全て人のご縁(紹介)によって不動産を決めてきていますので。なんだか不思議な気持ちです。

町の不動産屋に入ったのは、幼い時に過ごした、東十条商店街の小林不動産以来初めてかもしれません。

今はその小林不動産もなくなってしまいました笑

物件を見て回ってる最中に、不動産屋さんが、

「あそこのマンション、売り出し2億だったんですけど、この前転売に出て、4億弱で売れました。2部屋出たんですけど、どちらもあっという間でした」

とか、

「新築のこのマンション。売り出し時に買って、入居せずにそのまま売りに出して、数千万円の利益が出ていました。まだ上がっているみたいですよ」

とか、

「この立て替えてるマンションは、継続して入居すると、プラスで数千万必要なんですけど、既にその権利を売って、その倍以上の利益を出してる人がいました」

なんだか、聞いたことがない話で、実感がわかないものです。

こういった話は、自分にとっては、馴染みがなくとも、これがお馴染みの人が、何人もいるってことですよね。わずか数分で、4,5件も出てきている訳ですから。

あるところにはある。

いるところにはいる。

って話ですよね。

人は、自分が生きている範疇の中で判断をしてしまいがち。その個人の常識で生きてしまいがちです。

でも、自分とは世界が違うもの、自分の定規では測れないものがこの世にはいっぱいあるんです。

逆に、その世界が当たり前の人からすると、私の方がレアポケモンってことですよね。

定期的に、自分の常識を壊すって営みは欠かせません。

 

何も大金持ちになりたいってわけではありませんが、自分が望んだ事を不自由なくできて、

ご機嫌に安心して生きていく稼ぎは欲しいものです。

その基準は人のそれぞれによって大きく変わりますが、

そういった人生を歩んでいる人。稼いでいる人や財を成している人には、この人達のルールあるいは常識があるはずです。

 

少なくとも、そのルールの一つとして間違いなく存在している言えることは、

時間をお金で買う

というルールです。

お金は稼ぐことが出来るけれども、時間は稼ぐことができない。時間は不可逆的なもの。

なので、「時間とお金のどちらが大事ですか?」かといったら、時間になる。

時間が買えるのであれば、それに投資する方が圧倒的に効率が良い。

ということです。

ドラッカーの言葉に言い換えると、

時間は、借りたり、雇ったり、買ったりすることはできない。その供給は硬直的である。需要が大きくとも、供給は増加しない。価格もない。限界効用曲線もない。簡単に消滅する。蓄積もできない。

時間が最も貴重な資源だと理解したうえで、かつ

自分にしか、できないことしかやらない。

と決め、そのことに時間を全投資するから、成果が上がるってです。

 

先日弁護士の「高井伸夫先生の謦咳に接した」と書きました。

先週、高井先生の書籍、朝一番の「習慣」が人生を変えるを読みました。

師匠の鮒谷さんのその働き方の凄さについては何度も聞いていました。

が、実際にお会いさせていただいてから改めて書籍を読むと、その凄さをリアリティーを持って感じることができます。

毎朝4時台に起床し、即仕事を開始。そこから、すべきことを部下への指示として吹き込む。その後、出社。

裁判所が始まる10時には仕事が全て終わっているそうです。

1人で秘書10人。

自分ができること以外は本当に一切やらずに、全て秘書にアウトソーシングしているそうです。

確かに、私も初めてお目にかかったときに、「アシスタントを3人雇いなさい」と最初に言われました。

それはまだできておりませんが…早朝に起床することだけは早速始めました。

この全アウトソーシングっていうのも、ある種、時間をお金で買っているってことです。

自分にしかできないことに集中するために、それ以外のことを人にやっていただいている訳ですから。

 

成果を上げてる人には成果をあげているルールがある。

もし自分もそのグループに仲間入りしようと願うならば、そのルールを知っている、しかるべき人に教えを乞う。

これが1番の道。

仮に、これにお金がかかるとしても、惜しむ方が惜しいのではないでしょうか?

これも時間をお金で買っているってことですし、学びにはお金がかかるということです。

最も利回りのいい投資は、自己投資。

これは、鮒谷さんの教えです。

不動産投資も良いかもしれませんが、私は門外漢なので、自己投資でいきたいと思います。
*****
【今日のうねり】
人は自分の常識に囚われて生きているもの。定期的に、その常識の外に出る必要がある。
例えば、稼いでいる人、財を成している人にも共通するルールがある。
その一つが、時間をお金で買うということだ。
「人を雇う」というのも、その行為の一つだ。
時間を買えるだけ買って、自分にしか出来ないことしかやらない。成果を上げるメカニズムはこれだ。
最も利回りの良い投資は、自己投資なのだ。