電通同期の出展しているイベントに行ってきました。バラエティー豊かな人に出会い、想定していない刺激に沢山巡り合えました。

今日は、電通同期の鳥巣君が出展していた「WORK&FOS」というイベントに行ってきました。
いやー、本当に多種多様のお仕事をしている方が集まっていて、僕の認知力は完全にオーバーフローしてしまいました。
全く聞いたこともない、意識したこともない業界の話ばかりで頭にめちゃくちゃ妙な、そして「良い」負荷がかかりました。
そんな商売があるのかよ?
とか
これで儲かんのかよ?
とか
そりゃーうまいこと考えたな、めっちゃ面白い話わ!
とか
刺激満載でした、鳥巣くんありがとう。

どれくらいバラエティー豊か?というと、イベント来場者(出展社含)は、サウンドデザイナー、介護士、電通(Bチーム)、TSUTAYA、空間デザイナー、野鳥の仕事?完全食販売員、ベトナム留学生サポーター。トレーディングカードゲームのデータベースを作って、CCCに売却した人、産婦人科医かつ麻酔科医。映画にまつわるお菓子を作っているパティシエなどなど。。よくもここまで集まったもんだなと..半端じゃないですね、主催者の巻き込み力。勉強になります。
こういう自分が見たことも、聞いたこともない仕事をしている人たちの話を聞くと、
自分がいる世界がいかに小さいのか?自分はほとんど何にも知らないんだないうことを改めて教えてくれます。「無知の知」ってやつですよね。
こういう全く縁のない、リアルの場に足を踏み入れると、訳のわからない、「想定していない」刺激や学びがやっぱりあります。だからこそ友人が活動してたり、声掛けてくれたら、とりあえず行ってみる。詳細も聞かずに、よくわかんないけど、行ってみる。行動はやっぱり大事なんですよね。
だって、自分の大切な仲間が一生懸命やってるんだから、学びがないわけないですよ。自分が知らないだけで。というスタンスでいた方が良いじゃないですか。

自分の世界の小ささを改めて知るということは、
自分のポジショニングをどうするのか?専門性を、どう深堀りしていくのか?
ということを考えるきっかけを与えてくれます。
もちろん、自分の可能性も。
「無用の用」の大切さを改めて感じた日曜日になりました。
改めて、鳥巣君、有難うございました。中華行きましょう。

===
■ 100人プロジェクト 54/100(前日比0)!!
もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
100人プロジェクトはこちら
引き続き宜しくお願いします!