その一瞬のノリが人生を変えることがある。

==========
令和元年師走12日  今日もクルクル通信473号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨晩はジョブウェブ佐藤孝治さん、プロサッカーコーチの石原孝尚さん、公認会計士でTAC講師の尾崎智史さん。そして一昨日、佐藤さんの秘書になった小山素直さんの5人で、竹早小学校1年2組からの付き合いの立川君のお店で会食。

立川君は、170年以上の歴史を持つ、都内唯一のあんこう専門店いせ源の若旦那です。

この会食、元々は、佐藤さんと2人で「今年を振り返りつつ、来年に勢いをつけよう」という話でした。が、「せっかくなので、友人1人ずつ友人を呼びましょう」

ということになり、佐藤さんが石原さんを。私が月一セミナー、同僚の尾崎さんをお声がけし、昨日になったという運びです。

採用のプロ、プロサッカーコーチ、会計士、コンサルタント、秘書の卵兼カメラマン。専門がまるで違う5人が集まると、

刺激が山ほどあって、めちゃくちゃ楽しい会になったことは言うまでもありません。

皆さん、とてつもない行動量なので、この1年の振り返りなんてとても出来ず、わずかこの1,2ヶ月の振り返りで、タイムアップでした笑

自分がまるで知らない世界の話というのは、刺激が多く、脳が攪拌されます。

 

さて、石原さんは、プロサッカーコーチだけでなく、研修事業もされているようです。彼から聞いた、某有名外資系ホテルのマネージャー候補研修の話が学び溢れるのでご紹介させて頂きます。

石原さんは、その研修の翌日のアサイチ、立川にあるの星乃珈琲に開店と同時に、入店したそうです。

「おはようございます!」と接客をしてくれた女の子がめちゃくちゃ気持ちがいい。

その後の注文のやりとり。声や立ち居振る舞いがあまりに素敵だったので、石原さんは思わず聞いてしまったそうなんです。

「今は学生ですか?学生であれば就職先などは決まっていますか?」

「大学3年生で、就職活動もこれから」

とのことだったので、

「ホテル業はいかがですか?きっと合うと思います。もしよかったらここに電話してみてください。話をしておきますので」

と言って、クライアントの人事担当の方の名刺を渡したそうです。

「自分の名刺を渡したら、本当は、アダルト系や水商売の勧誘と間違えられる可能性があるからね!笑」

と仰っていました。

完全なる、新手のナンパなのですが…

その彼女は名刺を受け取った後も、「大丈夫なのこれ?」と漏れ聞こえる会話から、彼女のそわそわ具合が分かったそうです。

でも、何がすごいのか?って、その彼女は数日後に実際に、ホテルに電話したそうです。

第1声が、

「これ、電話合っていますか?」

だったそうですが笑

それ以来、石原さんは彼女と会っていないとのことです。

しかし、その学生は、その後、ホテルを訪問し、4回の面接を突破。今はエグゼクティブフロアで、アルバイトとして働いているそうです。

ちなみに、最初からエグゼクティブフロアでの勤務なんてことは、通常ないそうです。

さらに、彼女はまじ「持って」いるそうです。

初めてホテルを訪問した時に、グローバルのトップがたまたまフロントにいて、会話をしたそうなんですよ。

石原さんは、彼女に声をかけたものの、「英語は大丈夫かな?」そこだけが心配だったそうです。

ところが、彼女は語学力も有していたそうで、なんなくグローバルトップとの会話をこなし、好印象をゲットしていたそうです。

 

この話が教えてくれるメッセージは大きくは2つ。

まずもって、澤穂希や川澄奈穂美などをINAC神戸を史上初の4冠に導いた、石原さんの人を見る目が途轍もないということ。

そして、もう一つは、

人生にはノリが必要

ってことです。時にノリで行動することがめっちゃ大事ってことです。

もしかして、これなんかあるかも?

って、体が反応したら、動物的に、直感を信じて行動していけばいいのではないか?

そんなことって、ほとんどが考えてもわからないわけで、ダメだったら、またやり直せばいいだけの話です。

 

この女性の話を聞いて、自分の大学3年生の時を思い出しました。

ゼミの先生から、「来月カンボジアに行きたい人?」と言われて、

「行きます!」と、ノリと勢いで言いました。

内容を後から聞くと、アジアシードというNPOのボランティアでした。

当時の代表が所澤仁さんという方でした。

所澤さんとのご縁を頂戴したことが、振り返ってみれば、私の人生の大きなターニングポイントとなりました。

所澤さんは、高杉良さんの懲戒解雇のモデルになった、伝説の元エリートサラリーマン。在籍中に会社を訴えるという前代未聞の事件を起こした人でした。

もちろん、そんなことはカンボジアで初めてお目にかかった時は知りませんでした。

カンボジアでお世話になって以来、ことあるごとに、食事に連れてってもらいました。

そのスケールの大きさと仕事にかける情熱。そして、チャーミングな部分を持つ所澤さんは、私のかっこいい大人像になりました。

所澤さんに言われるままに、大学院に進学していなかったら、電通にも入社していませんでしたから。

(この辺りは長くなるので、またの機会に譲ります。)

 

でも、そんな人生の転機も、あの時、「カンボジアに行く人?」と言われて、「行きます」というたったの一言から。

人生は何があるかなんて事前にはわからない。

万が一、「直感的に何かあるかも?匂うかも?」なんて感じることがあったら、迷わず飛び込んでみる。

未知のお誘いを頂いたら、

「はい!」か、「イエス!」か、「喜んで!」

しかないのです。

その瞬発力で人生が変わることがあるのです。
*****
【今日のうねり】
人生には、ノリと勢いが大切だ。
直感が反応したら、迷わずに飛び込んでみる。
その一瞬の判断と行動で人生が大きく変わることがあるのだ。
だからこそ、自分の知らない未知のお誘いを頂いたら、「はい!」か、「イエス!」か、「喜んで!」しかないのだ。