紙派?電子派?あなたはどちら?

==========
令和元年師走19日  今日もクルクル通信479号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

今日は待ちに待った、キングダム最新刊56巻電子版の発売日。ということでアサイチから読みました。

紙版の最新刊が出てから1ヶ月。キングダムが話題になりそうなときは、「電子版派なので、1ヶ月遅れです」と、無駄なディフェンスし続ける日々から解放されました。

ちょいちょい、携帯のグーグル検索のトップページに、【ネタバレ注意!キングダム第600話】みたいなアドが画像付きで出てくるのですが、何なんでしょうか?

触れる度に、見ない努力を強いられるので、全力でやめて頂きたい!と心から思っております。

さて、毎度毎度思うのですが、「なぜ、紙版の発売日から、電子版は1ヶ月後ろ倒しにされるのでしょうか?」

顧客ファーストであれば、同時に出してほしいと思ってしまいます。

もちろん、リアルな書店や、出版に関わる取次店、印刷会社などなど、本にまつわる、作り手側の事情が大きな理由になっていることと、推察はします。

例えば、「できるだけ在庫をなくしたい」なども、大きな事情の一つなんだと思います。

でも、私のような電子版派のユーザーの利益を明らかに削っています。

ちょっと調べてみましたが、2019年上期は、紙書籍売り上げは、5%減少。一方で電子版市場、特に漫画は30%増加しています

電子版派のユーザーが増えているってことですよね。

でも、仮に、紙版と電子版を同時に発売したからといって、

電子版が紙版の売り上げを食ってしまうのでしょうか?

どの程度のカニバリが生まれるのでしょうか?

私個人で言えば、完全に電子版と紙版を使い分けています。

電子版:漫画、小説、新書、エッセイなど

紙版:仕事関連(ビジネス本系)。

と言った感じです。

前者は、本として残しておかなくても、ストーリーを楽しむことで十分。むしろ、大量に何冊も携帯したい。

物理的に本としてのスペースを確保するコストの方が、本を持っておくことの価値よりも、大きい。

と、判断している。

一方で、仕事用の本は、その逆で、そのスペース代よりも、本を持っておく価値の方が大きい

と、判断している。

という感じです。

例えば、本そのものの手触り感による、記憶の定着しやすさ。振り返りやすさ、メモのしやすさ。プレゼント出来る。本棚の背表紙を見ることによって、自分の思考の広がりが分かる。着想のきっかけになるなど。

といったところでしょうか。

ですから、私にとっては、電子版と紙版は十分に共存出来ていて、どちらの良さも享受できていることになります。

こういった使い分けを明確にしている人は、どれぐらいいるかわかりませんが、

こういった人は、電子版が紙版より遅いからといって、紙版に手を出すことはない。

電子版が紙版を食うことはない。

カニバリが起こらないのではないか?

と思うんですよね。

「だったら、同時に出してよ」

って。

一方で、

「本で持っておくほど、単行本を欲しいわけではない。でも、すぐに読みたい。電子版まで待てない。買った友人に貸してもらおうっと」

もしかしたら、こんなユーザーもいるかもしれませんよね。特に学生だと。

この仮説に、どこまで信憑性があるのか?は分かりませんが…

ユーザーに選択肢を提示し、どっちがいいのか選んでよ?

ユーザー利益を重視して、そんなトライをやってみたら、新しい発見があることもあるのではないでしょうか。

 

「スペースを確保する」コストっていうのは、土地が有限である故に、どんどん高くなってるように思うんです。

ちょうど、来週のクリスマスに、テレビを廃棄することになっています。

これもテレビを置いておくスペースよりも、本を置いておくスペースを選んだ

のが理由なのですが、とにかくスペースが足りないってことが結構ありそうです。

もちろん、金銭解決できれば良いのですが…

例えば、お墓もそうですよね。

一般的に家の墓に入れる人は、長男のみ。次男は、別の墓を探す運命になります。

しかし、墓のスペースが減っており、その値段が上がっている。

そういった、墓のスペース問題を受けて、永代供養のようなビジネスが生まれていますよね。

でも、リアルな墓が欲しい人は、多少お金がかかったとしても、墓を選ぶのではないか?

ユーザーの嗜好によって、どちらのサービスも共存できるのではないか。

そんなことを思うのです。

これがどこまで信憑性のあるのか?分かりませんが…

ちょっと脱線しましたが、

既存事業をやっている会社ほど、それに囚われるゆえに、新領域の着手が遅くなる。着手が出来ない。その結果、新参者に一気にやられることがある。

クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」で語られていることです。これに倣えば、

本来優先すべき、お客様の利益よりも、自分たちの既存利益や事情を優先していると、どこかで、大きなしっぺ返しがあるかもしれないですよね。

漫画は紙も電子の権利も出版社が有しているので、新参者がそもそも現れにくいと思いますので、当てはまらないかもですが。

そんなことを考えていると、

古代ギリシアの名医ヒポクラテスの

「知りながら害をなすな」

そんな言葉を思い出します。

目先の自分の利益ではなく、お客様ファーストで。

10年、20年あるいは30年。長期的な視点で、物事を考えていくのです。
*****
【今日のうねり】
あくまでビジネスはお客様ファーストで設計すべきだ。
自分の利益や事情を優先すると、どこかで大きなしっぺ返しを食らうことががあるかもしれない。
イノベーションのジレンマの変形。
「知りながら害をなすな」を忘れることなく、長期的な視点で行動していくのだ。