その話、書いても、話してもcrystal clearですか?

==========
令和元年師走28日  今日もクルクル通信488号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

一昨日のブログで話すことと書くことが要求する、本人の理解度がまるで違う

と書きました。これを読んで下さった方が、

「業務上、込み入った話になればなるほど、メールではなく、電話を選択していた理由が分かった」

そんなことを書いてくださっていました。

これを拝見した時に、身に覚えしかなかったんです。

特に電通時代は、実際に私もやっていたことがありました。

例えば、お客様からのこちらが提案した施策内容に関して、

「こういった場合って、〇〇のケースってどうなるんですか?」

とか

「こういうことって出来ないんですか?」

そんな確認があった時に、そのタイミングでは判断しきれない、分からない場合、

すなわち、曖昧な要素がある時に、メールではなく電話を使っていたことがありました。

でも、そういった曖昧さを残して仕事を進めてしまうと、事故る可能性も高いわけです。

書いてみれば当たり前なのですが。

本来であれば、そういった案件こそメール+打ち合わせ(or電話)

つまり、書くことと話すことをセットで、確認する必要があります。

でも、書くことの方が、話すことよりも圧倒的に知的負荷がかかるために、忙しければ忙しいほど、会話を優先してしまう。

そんなことをしていたことを思い出しました。

で、こういった、安きに流れてはならない時に限って、やっぱり起こるのが事故ですよね。

例えば、言った言わない問題ってやつです。

「えっ、あれできるって言いましたよね?」

「いや、そんなこと言ってませんよ」

「いや、言いましたよ。勘弁してくださいよ、中田さん」

もうこの問答に突入したら基本的には両社がハッピーな解決策はありません。

これが万が一起こってしまったら、当時の私は、私(中田)が謝る一択というスタンスでした。

でも、これだけは絶対に避けなければならないと思っていたので、「ここぞ」という時は必ず文章に残すように努めていました。

と言いますか、そういう教育を受けていきました。

「証拠を残しておきなさい。そのために文章に残しておきなさい」

という教育を。それにもかかわらず、楽したい時って手を抜いちゃうっていうのが人ってもんですよね。

だから、ちょいちょい事故が起きてた訳です笑

例えば、こんなことがありました。

新聞広告の掲載日の前日になっても、掲載紙面の確認メールが担当から来なかったので

「明日の掲載、大丈夫ですか?」

そんな確認をしたら、

「えっ、発注、入ってませんよ」

いやー、この時はさすがに青くなりましたね。

これは、かなり若手時代の事故ですが、この時の経験があったからこそ、上記に教えを実行するようになりました。

人間って、やっぱり痛い目をみなきゃ身につかないんですよね笑

でも、この時の心境って、とても明確に覚えて、

掲載日をメールで残すこと。発注をすること。すなわち、もう後戻りが出来ないということ。

そのことが怖かったんですよね。ほぼ初経験でしたし。だから、そこから逃げた。曖昧にしていた。

そんな感じだったんです。

 

振り返ってみれば、仕事のデキル先輩は、書く力が長けていたように思います。

彼らが作る文章(メール)は、

これはどういう案件なのか?

どんなメリットがあるのか、デメリットがあるのか?

もし、リスクがあるとしたら、どんなところにあるのか?

金額はいくらになるのか?

など。そういった外してはならないポイントが「分かりやすく」書かれていました。

で、この「分かりやすく」っていうのがポイントです。

誰から見て分かりやすいのか?って言ったら

お客様から見て、分かりやすい文章かどうか?

ということです。当たり前なんですけど。

この観点で言えば、日記を書いていても、書く力も思考力も高まると思いますが、

より高いそれを求めるのであれば、やっぱり第3者に見てもらった方が良いのでしょう。

日記よりもブログ。ブログよりもメルマガ。なのでしょうね、きっと。

誰かに読んで頂くための文章をどれだけ作ってきたのか?

それが書く力を醸成する上でとても大事なことだと思います。

 

書く力を鍛えるという話で言えば、

最近、普及しているチャットアプリっていうのはいかがなものか?

と思うことがしばしばあります。

文字通り、チャットアプリですから、気軽にお客様を含めやりとりができるのがこのアプリの魅力です。

一方で、そのカジュアルさゆえに、

これは絶対に外してはならない。曖昧なことを除去し、100%合意しなければならない。

そういった内容を伝えるには適していないのではないか?

そんなことを仕事をしながらちょくちょく思います。

仮に、そういった案件をチャットアプリで送って、仮に書き損じたことがあったとしても、

「あっ、すいません、これを漏らしていました。こちらも、合わせて、ご確認ください」

みたいなことが違和感なくできてしまう。書き込んだ内容も、後からでもいくらでも編集出来てしまいます。

やや緊張感が少ない感じがするのです。

でも、メールの場合は、一発で仕留めなければならない。送ってしまったら、後から編集もできない。だからこそ、

そのメールで確認すべきこと、合意すべきことを、分かりやすく、明確にしなければならない。曖昧なことを一切除去しなければならない。

crystal clearにしなければならない。

以前、イギリス人と仕事をしていたことがあったのですが、彼女の口癖がcrystal clearでした笑

そういった、重めのメールをお送りする時は、

分かりやすいのか?

書き損じはないのか?

何度も何度も読み返し、送信ボタンを押す時はちょっと震えるみたいなことがありました。

でも、そういった精神的にも、知的にも負荷のかかる行為が書く力のトレーニングにもなっていたように思うのです。

チャットアプリが便利なことも事実ですから、ツールも使い分けが大事なんですよね。やっぱり。

 

話すことの方が書くことよりも楽。

一方で、書くことの方が話すことより、正しく伝えられる。その分、知的負荷がかかる。

とするならば、このアウフヘーベンをどうしたらよいのか?

話して書けばよい

んです。今の時代にはそれが出来ます。

音声入力を駆使すれば良いんです。

これです。

今日、これを書いて(吹き込んで)きて、改めて、話して書く力はこれからの時代に必須な力だと確信しました。

だから、今日も明日もずっと、音声入力でブログを書いて行くのです。