元気の素

==========
令和2年睦月17日  今日もクルクル通信508号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨晩は、電通同期の2人と食事。そのうちの1人が海外赴任をするということで、その門出のお祝いでした。

相変わらず楽しい時間を過ごさせてもらってありがたい限りです。

「中田が元気そうでよかった」

と言ってもらいました。これまたありがたい限りなんですが、こんな感じで、

「元気だね、相変わらず」「いつ会っても変わらないね。楽しそうだね」「充実してそうだね」

なんてことを結構頻繁に言って頂きます。

はい。元気です。充実しています!

もちろん、元気じゃない日だってあるんですけど…ないです!笑

車のエンジン真冬のオフィスビルのエアコンじゃないですけど、一度切れてしまった、元気スイッチを入れることって、かなり大変なことですよね。

なので、元気であり続けられるように、恒心でいられるように、あれやこれやと、「自分にとって良い」習慣を導入しています。

例えば、夜シャワーを浴びた後に、電気を落とした部屋で、ストレッチポールに乗りながら一日を振り返っています。

「あー、今日も頑張ったな。充実してたな」

って思える日は、もちろん、翌日も朝から元気いっぱいでスタートできます。

でも、

「今日は全然ダメだったな」なんて思う日だってあります。

仮に、そんな日だったとしても、簡易でも振り返りをすることで、明日に向かってリセットしています。翌朝には元気をいっぱいです。寝れば忘れるタイプなので笑

で、この、「充実している」と「ダメだったな」という感覚の差分は、

自分のやりたいと思っていたことができているかどうか?

心と行動が一致しているかどうか

から生まれるのではないか?そんなことを思います。

「ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ オリンパス」という広告がありましたね。10年くらい前に。

 

いつもめちゃ元気なのに、1ヶ月前に会った時は、なんだか表情が明るくない友人がいました。

一昨日会ったら、またいつも通り、イキイキしていました。

「この前よりめっちゃ表情が良くなったね」

と伝えると、

「あ、そう?別に状況は変わってないんだけど」

とのこと。でも、明らかに表情が違う。

もうちょっと聞いてみると、

「あれこれ悩んでたけど、今はやることが明確になった。今やってることがダメだったら、まぁ、仕方ないよね」

ってな感じ。

なんだか妙に納得しました。

心と行動が一致してないと、浮かない表情になってしまうんですよね。逆に、一致していれば、いい表情になる。

となると、大事なことはまず、心を決めることなんですよね。

それを決めないで行動していると、気持ち悪いんですよね。

アクセルとブレーキを同時に踏んで運転しているような感じでしょうか。

そりゃ、スピードも出ないし、何より運転してるドライバーが気持ちよくないですよね。

 

年末に半年ぶりに会った別の友人も、いつもとどことなく表情が違ったんで、聞いてみると、

今の自分の仕事や、日々の取り組みに迷いを感じることがある

とのこと。

迷いも心が決まっていないってことですから、一にも二にも三にも、まずは決めることが大事。

ノムさんも、「覚悟に勝る決断なし」って言っていますよね。

決めれば、自ずから行動が整い始めるから。

 

私は、友人に会ったときに、ちょっと気になったことがあれば、なるべくお伝えさせて頂くようにしています。

なぜなら、自分が言われたら、嬉しいから。

仮に、それが、図星だったり、耳障りの悪いことで、一瞬ムッとするようなことがあったとしても笑 指摘された方が間違いなく良いんですよね。

それって、自分で気づくことが難しいから。

貞観政要には、リーダーには三つの鏡が必要だと書かれています。

胴の鏡。古の鏡。人の鏡。

銅の鏡っていうのは、いわゆる洗面台にある鏡です。

スティーブ・ジョブスは、毎朝鏡に向かって、

「今日、人生の最後だったら、何をするだろうか?」

と問いかけていたのは有名な話です。余談ですが。

人の鏡とは文字通り、人を通して自分を見るということです。

これって、例えば、会社の同僚のような恒常的に会う存在よりも、たまに会う友人、定期的に会う友人などの方が良いように思うのです。

期間が開いた方が、前回との印象の差分を気づいて貰いやすいから。

明日は月一の定例セミナー。たくさんの「人の鏡」で自分を覗き見るチャンス。

色々な気づきをゲットしてきます。
*****
【今日のうねり】
人は心と行動が一致していないと、元気が出ないものだ。
そんな状態は、ブレーキとアクセルを同時に踏んでいるようなものだから、快適なわけがない。
それを脱するには、まずは心を決めることが大事であろう。すれば、自ずから行動も整ってくるから。
自分の変化は、自分では気づくことが難しい。
人の鏡があると容易になる。仮に耳障りなことであったとしても、指摘してもらった方が良いのだ。
そんな友人が沢山いればいると、そんな機会があればあるほど、成長しやすいのであろう。