誰もが出来る<クリエイティブな生き方>って?

==========
令和2年如月12日  今日もクルクル通信533号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

最も個人的なことは、最もクリエイティブなこと

アジア作品として史上初めて、アカデミー賞作品賞を受賞した、<パラサイト>のポン・ジュノ監督の授賞式での一言です。

この言葉は彼が尊敬してやまない映画監督マーティン・スコセッシの言葉で、

彼が、小さいときに英語の勉強をしているとき、いつも片隅に言葉を置いておいたそうです。

受賞記事で、この言葉を見た時に、目が釘付けになりました。

これは、映画製作における言葉なのかもしれませんが、

個人の人生に置き換えてみても、めっちゃ勇気の出る言葉

だと私には思えました。

この世で後にも先にも、自分はたった一人しかいないのだから、自分の本能に従って思いっきり生きればいい。

それが、この世に二つとないオリジナルの物語となるから。

そんな意味なのではないか?と勝手に解釈をしました。

人生は一度きりだし、自分は自分しかいないのだから、例えば、他人の言うことよりも、自分の気持ちを優先すれば良いんです。そんなことをしていたらもったいないんです。

もちろん、人を傷つける、ものを盗むとか、人の道に反するようなことはやってはならないですが、そうでなければ、なんでもありなはずなのです。

 

昨日のブログで書いた、林監督とは彼のオフィスで、お話をさせて頂いていました。

朝9時から2.5時間、あっと言う間に時が経っていきました。

最初の1時間は、彼が、話している私の様子をカメラで撮っていたんです。(固定で置いているだけですが)

別に私を撮りたかったわけでもなく、

今、インタビューを中心とした、ドキュメンタリーを検討しているらしく、もしかしたら役に立つかも?

というだけです笑

なので、一部インタビューっぽい部分がありました。

その中で、話をさせて頂いた、私のここ3年の人生は「動きが多くて面白かった」そうです。

電通を卒業してから、この3年間で4社をを経験していますからね笑

でも、この今の自分は、3年前に全く想像できませんでした。別に独立がしたかったわけでも何でもなく、

ただ、その時々で、自分の気持ちに素直に従った行動をしてきた結果が、「今」というだけですから。

それを、そのまま、「面白いよ」って言っていただいただけなんですよね。

で、これってきっと誰にもある。その人にしかないオリジナルのストーリーがあるってことなんですよね。

それが、本能に従っていれば、従っているほど、ユニークになっていく。

そういった行動の集積が、「最も個人的で、クリエイティブ」になっていくんだと思うのです。

誰かと同じじゃ面白くないじゃないですか?

栽培マンになったらもったいないじゃないですか。

自分の気持ちに素直になって、もっとも、個人的に生きればいい。

私自身がそんなことを思っているから、ポン・ジュノ監督のこの言葉が響いたんだと思います。

 

ただ、映画のような作品として、第三者にメッセージを届けるのであれば、

もっとも、個人的なことを個人的なことだけにとどめておく

っていうわけにもいきません。

個人的なことの中から、普遍性のあるメッセージを抽出する。

それを、映画と言うエンターテインメントを通して、人々に伝える。

それが、クリエイティブなことになるのではないか?

ある人は、それを映画という形で、ある人は、小説として、また別の人は、テレビ番組として、それをやっているんですよね、きっと。

もっとも、個人的なことから抽出したメッセージをどう伝えるか?

映画という手法は、自分のメッセージを伝えやすくする、糖衣みたいなものなのかもしれません。

その糖衣錠を、観客はスクリーンを通して飲み込む。

観客は、それを飲んでいるときに、自分の人生を振り返ることがある。

それと、映画のメッセージが重なったときに、心動かされることがあるのではないか?

これが、映画と言うエンターテインメントの力の一つなのかもしれない。そんなことをこの言葉を聞いて思った訳です。

 

誰もが映画監督になれるわけではないですけど、

自分の経験の中からメッセージ・教訓を抽出することはできるはずです。

自分で、都度それを振り返って、自分の言葉にして残しておくだけでよいのですから。

でも、そこで抽出された言葉って、友達や家族、後輩、先輩。誰かに刺さる瞬間があるんです、きっと。

自分が悩んだり、考えたことと同じようなことに直面する人は、必ずいるから。

その言葉が、誰かのお役に立つことが出来たとしたら、素敵なことだと思いませんか?

本田直之さんの言うところの、

言葉をおごることができる

んですから。

それって、めちゃクリエイティブですよね!

毎日を個人的に生きて、そこから言葉を生み出せば、誰もが、クリエイティブに生きることが出来るんです。
*****
【今日のうねり】
一度しかない人生、自分の本能に従って思いっきり生きれば良いのだ。
その中で、得た教訓を自分の言葉をして保存しておく。
その言葉が誰かの役に立つことがある。それは、<言葉をおごる>ことになるのだ。
それはめちゃクリエイティブで素敵なことなのだ。
だから、最も個人的なことが、最もクリエイティブなことになるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA