本物が提供しているものは何か?

==========
令和2年如月20日  今日もクルクル通信541号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

昨晩、世界認識が、書き換わりました。

スタミナ苑のマコさんと奥様の結婚記念日ディナーに運よく?同席をさせて頂きました。

その会場は、マコさんが、

「お祝いをするなら、このお店でしたい!」という日本料理のお店でした。

「美味しい」を通り越して、

「凄い」

としか言いようがなかったです。

言葉を失い、ただひたすら笑うしかないという瞬間も多々ありました。

どうやら人は心を動かされると、言葉を失うようです。

「言葉を失うほどの感動がある」なんてことを聞いたことはありましたが…今回はまさにそれでした。

お料理の味は言うまでもなく、

器の美しさ、店内の美しさ。

大将をはじめとした皆さんのお人柄、心配り。

全てがサービスとして完成されていて、

「こんな世界があるのか?」

と世界認識が書き換わったわけです。

例えば、ちょっとしたお料理に使われていた小皿が、150年前の九谷焼だったり、お銚子も100年以上の年代物だったり…

 

このお店が真に提供していたことって、

感動

なのではないか?と、振り返ってみて思ったのです。

確かに、お料理は美味しかったんですが、「ただ美味しい」だけではこんな気持ちにはならないはずなんです。

今まで見たこともない世界を見て、感情が大きく揺すぶられたんです。

それを考えてみると、私がこのお店の体験を通して、お買い上げさせて頂いたものは、

感動であり、世界認識の変化

世界認識が変わるってことは、「人生が変化する」んですから、

人生の変化を買った

と言っても良いのかもしれません。

これこそ、まさに、

本物の仕事

なんでしょうね。

本物と呼ばれる人はどんな世界でも、自分の商品を通して提供しているものは、この世界認識の変化なんでしょう。

これを提供されてしまうと、お客様は、「凄い…」「すげー」と言った、ボキャ貧ないし、言葉を失うしかない。

その経験を忘れようにも忘れることが出来ない。ファンにならざるを得ない。

 

そういった本物に触れると、いつかは自分もそんな存在になりたいと思うものです。

あまりにも遠すぎて、想像もつかないのですが、マコさんがぽろっと、それのヒントになるようなことを言っていました。

1つ目は、

「今日も明日の仕込みをしてたんだけど、本当に店にいる時が一番幸せなんだよね。仕事をしている時が幸せなんだよ。」
(昨日は定休日)

2つ目は、

「汗から血が出るほど働け。」

です。

それをしている時が一番幸せと思えるような仕事を見つけ、汗から血が出るほど働く。

徹底的にやり続けることでしか、本物にはなれないようです。

昨晩のインパクトがデカすぎて、文字通り言葉にならず、短くなってしまいました笑
*****
【今日のうねり】
本物とは、自分のサービスを通して、お客様の世界認識を変えることが出来る人のことを言うのだ。
そんなサービスを提供されると、感動のあまりユーザーは言葉を失ってしまう。
そんな本物の道は果てしなく遠く険しいが、
やっている時が一番幸せと思えるような仕事を見つけ、汗から血が出るほど働けば、それになれるのだ