今、<バックドラフト>を見直したワケ

==========
令和2年卯月6日  今日もクルクル通信587号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

自宅にホームシアターを導入しました!

すみません、言いすぎました。プロジェクターを購入しただけです。

こんな状況ですから、会食は全てキャンセル。業務もリモート。いくら散歩が趣味といえども、毎日2万歩も歩けば、さすがにお腹が一杯になり笑

映画館に行く気も起きないですから、「自宅で映画を見るしかないだろう」ということで購入しました。

いやー、めちゃ良いですね。2つの意味で実に良いです。

1つ目は、もちろん、その映像体験。自宅でも大画面でかなりの迫力で見ることが出来ます。

2つ目は、見ることに手間がかかるってことです。

これが良いんですよね。おかげでハマることがない。だって、プロジェクターを出して、場所を調整して、延長コード出して、壁のインターフォンにマスキングして笑 Amazon fire stickをプロジェクター本体につないで、それで初めて見ることが出来るんですから。

まあまあめんどいです。これだけ手間がかかるので、見ようとするにも決意が要ります。リモコンをつければ見ることが出来るテレビとは大違いなんです。

Bluetoothスピーカーにも接続して、音質も最高!って思っていたんですけど、1秒くらい音の遅れが出ることに気づいて、そこは断念しました。

いっこく堂状態で見続けるのはつらいので笑

 

栄えある第1回目の鑑賞作品として選んだのは、<バックドラフト>でした。

最初に頭に浮かんだ作品がこれだったんですよね。

きっと、今の状況を鑑みて、<正常性バイアス>に引っかからないように。

自分に都合の悪いことは起こらないんじゃなくて、起こるよ。ってか、もう現実として起こってるよ。

気を引き締めるために、本能が思い出したのかもしれません。

もう1つの候補としては、<アウトブレイク>が頭にあったんですけど、

パンデミックの最中で、同じように、パンデミックを扱った映画を見るほどの勇気はありませんでした…

 

結論、改めて、<バックドラフト>をこのタイミングで見て良かったです。

バックドラフトは、火災現場で起こる爆発現象で、この映画は火災をテーマにした、消防士兄弟の映画です。

相変わらず、面白かったですし、いろいろ「熱い」ことを再確認できました。

いついかなる時も、滅多なことは起こる。火事も地震も、パンデミックも起こりうる。という想定の元、準備をしていく必要があるんですす。

<バックドラフト>といえば、思い出深い作品でもあります。

そのテーマ曲は、今は亡き祖父の元で居候していた時に、毎週見ていた<料理の鉄人>のテーマソングにもなっていましたし、中学生の頃に、カリフォルニアのユニバーサルスタジオに行って、ド派手なアトラクションにも乗ったこともありましたらから。確か、ジョーズのアトラクションでぬれた後に、このバックドラフトを体験すると、一気に服が乾く。そんな黄金ルートだったはずです。

 

そんな<バックドラフト>を見た今朝、「さすがに今日は、車の通行量も人の数も少ないんじゃないか?」って思っていましたが、九段下の交差点は先週と大差ない印象でした。

海外の方がこの光景を見たら、「何でもない、いつもの通勤時間」って思ってしまうレベルなのでは?と思ってしまいました。

きっと、そういった方々は、

どうしても出勤しなければいけない理由があるのか?

自分は感染しないだろうと思っているのか?(正常性バイアスそのもの)

あるいは別の理由があるのか?

かもしれません。どんな理由があるのか?は分からないんですけど…でも、マジで心配になってしまいました。

「怖くないんですか?」って。

一つだけ確かなことは、

「自分の身は自分で守るしかない」ってことなのに。

 

今回のコロナウイルスで、世界はおそらく一変し、今までの当たり前は当たり前でなくなるのでしょう。

「お前、言いすぎだろ」って言われるかもしれません。仮にそうならず、今まで通りだったら、そのまま行けばよい。ただそれだけ。

でも、そうならなかったときに、準備をしていなかったら、総崩れになっちゃいます。それだけは避けたいんです。

自分の命は自分で守る。

ドラクエ的には、今取るべき作戦は「いのち大事に」なはず。

滅多なことは起こるのです。でも、起こってしまってからでは遅いのです。

「既に起こった未来」も生き延びるべく、まずはここを徹底していくのです。
*****
【今日のうねり】
命は一つしかない。何よりも「いのち大事に」を忘れてはならない。
滅多なことは起こるものなのですから。
正常性バイアスに陥ってはならないのです。
自分の身は自分で守るしかないのですから。