経歴は二枚目っぽいけど、中身は全く二枚目じゃないよね

今朝は、少しゆっくりした時間があったので、Amazon prime music unlimitedで楽曲をブラウジング。Mr.Childrenの「Any」を発見、聞きました。リピートしました。これも名曲ですよね。

今、僕のいる場所が探してたのと違っても
間違いじゃない いつも答えは一つじゃない
何度も手を加えた 汚れた自画像には ほら
また12色の心で好きな背景を描き足していく
描き足していく
そのすべて真実
==
もし、今いる自分の環境が不満であったり、仕事がつまらなかったり
嫌な上司や先輩がいたり、
明日から始まる一週間のテンションが上がらない、いわゆる「サザエさん症候群」の方がいるのであれば、是非聴いてみてください
上がるんで!
この楽曲がリリースされたのは2004年。
僕の兄(社会人若手)が「昨日も大学の仲間とカラオケに行って、この曲を熱唱してた」って言っていたので、めちゃ覚えています笑

僕はといえば、大学3年生で、ラクロスに打ち込んでいました。
1,2年生の時は毎日毎日「もうやめようかな」と思っていたけれどもそれなり食らいついて行って、やっとラクロスが面白くなっていた、そんなタイミングでした。
僕がこの楽曲を聞いて当時思ったことは
「この歌詞、やべー、まさにその通りだよ。桜井さん、天才!」でした。
中学3年生の時に内部進学の高校受験で大失敗
大学受験は医学部を希望して、一浪するもあえなく撃沈。
望んだ形ではないが、経済学部に進学してラクロス部に入部。
まさに、「答えは一つじゃない」ということを実感し始めていた時でした。

で、その流れで思い出したことは、
大学4年生のラクロス部追い出しコンパで、僕が後輩達に話したことです。
それは、
「努力とは偶然を必然に変えることだ」
です。
今思えば、とんでもなく偉そうなことを言っていますね。
この言葉で、伝えたかったことは、
一生懸命生きていれば、今を全肯定できる(=真実)、だから頑張っていこうぜ
ってことですね。記憶に誤りがなければ。
てか、Anyの完パクリですね。改めて見てみると笑

話は変わりますが、金曜日に「100人プロジェクト」で元電通、今は個人会社をされているOさんとお会いさせて頂いておりました。
その時、彼女が僕のイメージで仰ったことは
「経歴は二枚目っぽいけど、中身は全く二枚目じゃないよね。」
いや、まさにそうなんですよ。
確かに、経歴的に見れば、
慶應経済卒業、電通入社し、10年勤務した後YCPに転職。その後、グループ会社の社長を任されている。(社員1人)
二枚目かもしれませんが、
上記の通り、これの裏には、散々コケまくっているんですから、僕の人となりが二枚目なわけがないんですよね。

そもそも学芸大附属小学校に入ったにもかかわらず、
「絶対に合格する」って言われた学芸大付属高校には不合格。
大学受験も上に書いた通り、コケたし、
大学院受験の時だって、当初望んでいたSFCは不合格。
電通に入社した時も、初任配属は新入社員がほぼ配属されることがないような局で、
「あっ、あそこって新入社員配属あるんだ?」
なんて、何度も言われましたし…
こうやってちょっと並べてみただけでも、僕の人生は、ワインディングロードですね。望んだって描けないです、こんなの笑
でも、今、幸せに毎日全力で生きていられます。
それはなぜか?といえば、
いつも、どこでも、素晴らしい人に巡り会えてきたから
本当に感謝しかありません。
自分が唯一やったということと言えば
その都度、一生懸命生きた
ってことだけです。
Anyの歌詞を借りれば、一生懸命生きて
12色の心で好きな背景を好き勝手に描き足しまくったから
そうやって、その時の自分を全肯定してきたから
です。

今の人生だって不安がないと言えば嘘になるけれども、
今までやってこれたんだし、どうせここまで二枚目っぽくない人生なんだから、徹底的にその筋を突き進んで生きます。
想定出来ることなんて大したことない。本能に従って生きていきます。
最後に、つじつま合わせすりゃいいんですから。

そしたら、それが真実なんですから。

ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。

===
■ 100人プロジェクト 67/100(前日比0)!!
改めまして、Oさん有難うございました!
もし、ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡頂けると嬉しい限りです。
100人プロジェクトはこちら