やっても「維持」。やらなきゃ「後退」。目を背けたい真実を直視する。

==========
令和2年水無月9日  今日もクルクル通信650号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

2ヶ月ぶりの加圧トレーニング

いやー、信じがたいほど辛かったです。

通うようになってもうすぐ2年になりますが、10日空けたことが数回。あとは毎週1回必ずやってきました。

2週間はおろか2ヶ月なんて期間が空いた初めての経験で。

「筋力は落ちてるだろうなぁ」と思ってはいましたが、まさか、これほどまでとは…と言うレベルで落ちていました。

今のトレーニングメニューになってから、半分の6回(基本1クールは12回)に差し掛かったところで、休止していましたが、

初回にに戻ってしまった感じです。

トレーニングの最中は、

「こんな重たいセットでよくやっていたな?結構すごくね?信じられん」

そんなことが頭を回り続けていました。

しかも、マスクを着用してのトレーニングですから、なおさらつらい。羽生結弦君じゃあるまいし、そんな追い込みたくなんだけどっ感じです笑

ところが、落ちていたのは筋力だけではありませんでした。

体重は2キロ減。

体脂肪は2.5%減。なんと、

6.5%!!

目を疑いましたよ、計測間違いじゃないですか?って。

昼飯を食べずに行ったとはいえ、低すぎです。

筋肉が一番重たいと聞いたことはありますが、これほどのインパクトとは…

やる前から分かっていましたし、やってさらに実感したことは、

続けていることを止めてはならない

という極めて当たり前のことです。

ぶっちゃけ、このトレーニングが

自分の人生の目標=長く太く生き続けること

に直結するものではなかったとしたら、今回のリセットっぷりに撤収してしまっていたかもしれません。

それぐらい積み上げてきたものが失われている感がありました

テトリスのブロックを一気に全て消すのは気持ちいいですけど、

自分の経験や身につけたことが、一気に崩落していくのは全く気持ちよくありません、心まで空っぽになりましたよ笑

でも、この空っぽ感を味わうの、筋力で良かったです。

これが、書く筋力、話す筋力だったとしたら、もう立ち直れなかったです。

コロナの影響で、その「書く」筋トレが出来なくなっていたとしたら、本当に終わっていました。

このブログは書き続けることが出来るもので良かったです。

自宅でも、最悪公園でも、話すこと&書くことは出来る。場所を選ばず鍛えることが出来る筋力で本当に良かったです。

もしできなかったとしたら…想像をしただけで、怖くなりました。

確かに筋肉と違って、書く筋は可視化されないので、

仮に2ヶ月期間を開けたとしても、さほど落ちた感覚はないかもしれません。

でも、気づかないだけで絶対に落ちていますからね。だから怖いのです。

人間は本当によくできた生き物ですよね。

やらなかったものは簡単に失われるのに、それを身に着けるには、時間がかかる。

成長するにも時間がかかるのですからね。

<達人のサイエンス>という本にもありますが、人間は階段状に成長していくものです。

1ステージ上がると、しばらく、プラトー(高原期)=一時的な停滞期間が続きます。

階段で言えば、一段上ると、しばらく同じ高さで停滞することになります。

その停滞期間は、ステージが上がれば上がるほど、長くなるそうです。

しかし、その停滞感に負けることなく、日々積み上げていくと、ある時、「ポン!」と1ステージ上がる。

非連続な成長を遂げることが出来る。

そして再び、プラトーに突入する。そこでさらに長い時間を積み上げ続けていると、再び、どこかでもう1ステージ上がることが出来る。

つまり、人間は、成長段階においては、どんなにやり続けても現状維持。外から見ても、時に中から見て、全く同じ状態が続いてしまうのです。

しかも、成長過程が進めば進むほど、この維持段階が長くなる。

のです。だから、続けるのがつらいんですよね。簡単に成果を期待してしまうから。

成長段階においては、ある一定期間は、積み上げても積み上げても、「維持」にしかならない訳です。

でも、「維持」に見える、感じてしまうだけで、実際は、内側にエネルギーを貯め続けている状態なんですよね。可視化されるのに時間がかかるだけ。

これに倣えば、

続けてさえいなかったとしたら、維持すらできない。後退あるのみ。

ということなのでしょう。

出来ることなら受け入れたくない事象ですが、多分これが真実なんだと思います。

「継続は力なり」

古来から言い伝えられていますが、これは、もしかしたらこの真実についてを言及しているのかもしれません。

 

この週末、超久しぶりに、司馬遼太郎にハマってしまいました。その作品は、<北斗の人>。

主人公は、司馬遼太郎ファンならご存じ、千葉周作。坂本龍馬が江戸で剣術を学んだ千葉道場の創始者です。

氏素性もないところから、スタートし、天下に名を轟かせた男。

その当時、一大流派だった師範の養子になりながらも、そこを自ら破門され、浪人同然になりながらも、日本を代表する「北辰一刀流」を築き上げた男の物語。まじ心震えました。

坂本龍馬や、吉田松陰や高杉晋作のドラマに胸が熱くなった人には、おすすめです。

そんな千葉周作は、たとえ、道場主に家を追い出されたしてもても、妻と喧嘩をして野宿をしたとしても、雨が降ろうが雪が降ろうが、何が起ころうとも、

毎朝4時には起床して、1000回竹刀を振っていたそうです。

「すべては、練習、鍛錬でうまくなる。ものの上手はみな修練によるものだ」

と言うセリフもありました。

 

私は、こんなところばかりに胸が震え、記憶に刻み込まれているのですが、その理由は、ただ一つ。

ウルトラCなんてなくて、微差を積み重ねが絶対差になる。長期逓増。

毎日コツコツを繰り返して、巨人になる。

そんな物語を私が生きているからです。

もしかしたら、この世には、仕事も筋肉も、コツコツなんて必要ない。ウルトラCの方法があるという人もいるかもしれません。

でも、私の物語にはないのです。

派手さもない、地味さしかない行為ですが、これからも、毎日心身をコツコツ鍛えていきます。
*****
【今日のうねり】
人間とはよく出来たものである。
手に入れるのには時間がかかるのに、やめた途端に一瞬で失ってしまうものなのだから。
そもそも、成長過程においては、やってもやっても、表面的には「維持」状態でしかないのだ。
でも、その維持状態で溜められたエネルギーがある時に一気に爆発して、進化する。次の成長ステージに上がることが出来るのだ。
毎日やったって、「維持」にしかならないのだから、やらなかったら、失われてしかるべきなのだ。
この世に、ウルトラCを狙う生き方もあるかもしれないが、
少なくとも私が生きている物語は、長期逓増。微差を積み重ねて絶対差を生む、巨人になる物語なのだ。
だから、今日も積み上げるのだ。