ホウレンソウなんてくそくらえ。

==========
令和2年水無月19日  今日もクルクル通信660号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

ビジネスにおいては、ホウレンソウが大切だ

誰もが一度は聞いたことがあるはずです。

報告・連絡・相談のホウレンソウですが、これの意味ってちゃんと知っていますか?

報告と相談は、パッとイメージできるのですが、「連絡って、共有することでよいのか?」私自身、あやふやだったので、ググってみました。曰く、

報告:過去に起こったこと

連絡:現在進行中のこと

相談:これから起こる未来のこと。

に関して先輩上司に話をすることのようです。他にも、

報告:上司に進行状況を報告する。

連絡:直接関係ない人にも情報を伝える。

相談:上司先輩に意見を求める。

なんてのもあるようです。

響き的に、報告連絡相談=「ホウレンソウ」になっていますが、

ビジネスマンの成熟度を表すとしたら、逆の、「ソウレンホウ」

ではないか?って思うのです。

優れたビジネスパーソンは、報告オンリー。(始まりと終わりだけ報告)

それで、当然、上司もチームのみんなも納得する成果を上げるているって思うからです。

そういう人と上司の会話は、例えば、

案件の始まり時は、

「こんな案件が来ました」

「おっ、そうか。任せるわ。なんかあったら言って」

「有難うございます。進めます―」

くらい。あとは、終わった時に、

「あの案件ですが、こんな感じで終わりました。売上と利益は〇〇です。」

「おーお疲れ。いい仕事してるねー」

だけ。みたいな。

この「始まりと終わり」の間に何をやっているのか?と言えば、

そもそも課題をきちんと設定する。

その打ち手をお客様に提案する。

フィードバックに対しても、ちゃんと応える。

最後に合意を取って納品。

ざっくりこんな感じでしょう。

この進行中は泥臭く汗もかいているんですよね。あんま見せない人もいますが。

相談、連絡なんて基本はナシ。

でも、上司からすれば、「最高の部下」なんですよね。ほっておいても勝手に成果を出してくれるんですから。手間もかからないし、言うことなんて何もない笑

このプレースタイルで、事故ると、「あいつ、何?勝手なダメなやつ」になりますが、パフォーマンスが高いと、最高の人材。「組織における自由人」とも呼べるでしょう。

基本やりたいように、やりたいことをやらせてもらえる。

「アイツなら大丈夫っしょ」って信用もありますからね。

もちろん、このプレースタイルを一足飛びに確立することは無理です。

最初は相談に始まり、連絡をするようになって、報告オンリーになっていく。

誰もがその過程を経ているんですよね。

で、なぜ、「ソウレンホウ」が成熟度を表すのか?というと、

相談するということは、今直面している課題に対して、

自分のやろうとしているアプローチに自信がないか?

そもそもどういったアプローチが良いのか?考えていないのか?(考えがないのか?)

あるいは、上司が一切の自由を認めない笑

から相談をするんですよね。

つまり、相談するということは、自ら主体的に仕事する上でのステージ1ということになります。

ステージ1が終わると、「連絡」のステージ2に上がることになります。

即ち、相談のステップを飛ばして(自分で進め方を考えて、)

「この案件ですが、こういった方向で進めております。万が一、問題があったらお知らせください」

に変わる。

この連絡で、問題がないのであれば、上司も特に何も言ってこないでしょうから、「そのまま進めなさい」ということになります。

で、このステージも終わると、3ステージ目は、最初に書いた「報告」のみというやつになっていきます。

 

では、どうやって、ステップ1からステップ2に上がるのか?が良いのか?

まずは先輩上司の観察・洞察です。

それを通して、上司や先輩が、〇〇の時には××をしている。

というサンプルを集めまくる。

事象とアクションのデータベースを作る。

それが充実してくれば、自ずから、

「〇〇の時は、××をするんだな」というルール。彼らの「意思決定の基準」が抽出できるようになってくるんですよね。

これが分かってくると、自分のその抽出した「仮説」を試したくなるんですよね。そして、実際にやってみる。

こんな気持ちが生まれ始めたら、ステップ1からステップ2への進化のタイミングなのだと思います。

ここで、相談の仕方が変わり始める。例えば、

「こういった案件があります。〇〇という風に進めてみようと思っているんですけど、いかがでしょうか?」

となる。そこに自分の意見が入るようになるんですよね。

それ以前は、「こういった案件があるのですが、どうしたらいいでしょうか?」

といった相談の仕方が多いと思います。

というか、これはそもそも相談にも質問にもなっていないので、ダメなんですけども笑

別の言い方をすれば、

オープンクエスチョン」から「クローズドクエスチョン」に進化するのです。

それが上司からOKを貰えたならば、

「おっ、いいねー。それでやっておいてよ」

なんて言われて、実際にうまく進むと、めちゃ嬉しい。

「おおお!」ってガッツポーズの瞬間になっちゃうんですよね。

あっ、これでいいんじゃんっていう成功体験が生まれる。

これが、仕事がめっちゃ面白くなる瞬間だと思います。

進化、成長の瞬間は、自ら学んだことを実際に、自分の意思で実行した時に訪れるのでしょう。

当然のことですが、

初めての実行の瞬間は怖いものです。

「はあ?って言われたらどうしよう」とか、無駄に考えてしまうものです。

でも、それにビビらず、一歩踏み出すから、次の世界が見えるんですよね。

ツッコむ勇気が必要なのです。

 

にもかかわらず、最近はステージ1どころか、「ステージ0」という人が多すぎやしないか?って思うのです。

つまり、相談にすらなっていない。

「それ聞いて、私のどうしろって言うのさ」

って話が多いんですよね。

例えば、クライアントにAさんと一緒に提案をした案件があったとします。

その後、Aさんだけが、そのフィードバックを貰いました。

それについての「報告」が、

フィードバック内容をただ記載にするのみ。「クライアントがこういっていました」って報告するだけ。

事実を伝えるだけ。本当にそれだけ。

同じ報告でも、ステージ3のそれとは全く別もの。

で、それを受け取った人(先輩/上司)は、

「どうしろっていうのさ」って思うしかない。

「そこから先は、「俺に考えろ」って言っているの?」って。

「「考えろ」ってことなら、それはそれでよいんだけどさ…そこが一番面白いところなんじゃないの??」

って思ってしまうんですよね。

そんな「報告」ではなくて、例えば、

「フィードバック内容を〇〇でした。××と対応しようと思っているんですけれども、よろしいでしょうか?」

とか、

「フィードバック内容を〇〇でした。時間もなかったので、××と対応しています。問題があったらお知らせください」

みたいな、相談、連絡をしてほしいんですよね。

別の言葉で言えば、「俺はこうやりたい!」って意思を示して欲しいのです。

意志がなさ過ぎてもったいないって思っちゃうことが多いのです。

このプレースタイルだと、一生、請け仕事のまま。

それが面白いなら良いですが…もっと楽しいのはその先にあると思うのです。

「ホウレンソウなんてくそくらえ。

どうやったら、「報告」だけで済ませるかなー?」

なんて、問いを回すのが、仕事がさらに楽しくなる第一歩だと思うのです。

今自分のいる安全地帯を飛び出す。

先輩上司の領域を犯せ。領空侵犯をしまくれば良いと思うのです。
*****
【今日のうねり】
ビジネスにおいては、「ホウレンソウが大事」と言われるが、ビジネスマンの成熟度は、ソウレンホウで分かるのだ。
報告だけ。以上、終了。ってのが理想的だ。組織内自由人だ。
それを実現するための第一歩は、上司先輩の観察洞察だ。それを通して、その背後にある論理や意思決定の基準を理解するのだ。
それが分かってきたら、それを試してみる。ダメならまた試す。その繰り返しの中で、精度の高い仕事が出来るようになるのだ。
領空侵犯。ホウレンソウなんてくそくらえ。くらいの気持ちで仕事に臨むから、成長し、仕事が楽しくなるのだ。