火事の季節。ビジネスの「危機管理」も見直す良い季節?

新しいプロジェクトがスタートしました。いい仕事にしていきます。

さて、週末の社会見学@消防署のことです。
このところ、有事対応に対するアンテナが立つようになったので、消防士さんの訓練を見ていても、興味深々でした。
しかし、そのアンテナが立っていなかったときは、
例えば、火災も地震も津波も台風。あるいは、ミサイルも、自分には【関係のないものだ】と思っていました。
それは、「自分は運がいいから。何とかなる」という根拠のない自信から生まれているものです。確かにこういった、自信も必要なこともあるんですが…ラッキーだと思いつつも、出来うる限りの準備をしておかなければならないという気がしております。マジで生き延びなければならないので。

消防士さんは、当然、毎日訓練をされています。
それはもちろん、【仕事だから】ということもあるでしょうが、実際は、【火災が毎日起きているから】ですよね?マジで人命を救わなきゃいけないってことなんですよね。
自分が、意識を払っていないだけで、めちゃ火災は起こっている。
訓練を見て、調べたみたんですよ。火災の件数。
去年一年間でどのくらいあったと思いますか?
なんと、
件数:約4万!
さらに、
総死者数:1,500人
負傷者数:6,000人

出火原因:第一位 たばこ 第二位 放火
となっていました。詳細はこちら

年間4万ということは、1日100件以上。13分に一回火災が起こっているということになります。
少なくとも僕の想像をはるかに超える件数でした。
めちゃおおくないですか??
火事は毎日起こっている。頻発している。
いやー、もはや他人事ではありませんよ。
明日は我が身。誰にでも起こる可能性があるってことです。
子供の時も、社会人になってからも、ついこの前まで、いつも防災訓練をいい加減にやっていました。東日本大震災があったにもかかわらず…ってありましたが、いつもいい加減にやっていました。東日本大震災があったにもかかわらず…
訓練やる意味あるのかよって思っていましたよ、正直。
なんなら、消防士さんの毎日の訓練や筋トレも、ガチでやっているのかよ?
とすら思っていました。
今思えばお恥ずかしい限りです。。
消防士さんも我々もガチで準備をしておかなければならないんですよね?生きたければ。
正常性バイアスって本当にあるんですよね。実感しました。
でも、気づいたなら、そこから解き放たれた方が良いに決まっている。
あー、あの時しておけばよかった!じゃすまない!
命がかかっているんで。
正常性バイアスに少しでも関心を持たれた方は、さいとうたかお【サバイバル】や望月峯太郎【ドラゴンヘッド】をお読みになっても良いかもしれません。

ところで、これはビジネスでも同じではなのかもしれませんね。
自分の会社だけは大丈夫だ!
そんなことが起こるはずもない!

とか、思っていて、準備をしていなくて…気づいたら
「あれ?」って言っているうちにありえない形で総崩れになってしまう。。

これからは火事が増える季節です。
火事だけでなく、ビジネスも危機管理を見直すには良い季節なのかもしれません。

===
■ 100人プロジェクト 73/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑

皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら