「後出しジャンケン」にも負けないために

==========
令和2年文月18日  今日もクルクル通信688号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

「Go to トラベル」事業が話題になっています。

「期間の前倒し」からの「東京除外」など、この一連の判断が、良いのか?悪いのか?正しいのか?正しくないのか?

は分かりません。

とやかく言うつもりもないですし、その立場にもないのですが、一つだけ思ったことは、

壮大な「後出しジャンケン」だな

ってことです。

これを、別の例で考えてみると、

絶賛売り出し中のタレントと、今だけ超特価で包括契約ができる。

そんなスペシャルなキャンペーンがこの度実施されました。

と聞いて、飛びついて契約を交わす。

ところが、実際に会社の広告として、TVCM出演&撮影を依頼したら、

「すいません、タレントのコンディションが悪いので、TVCMはNGになりました」

とか

新商品発表会にゲストとして出演を依頼したら、

「イベントへの出演はNGです」

とか、

社内広報の一環として、社長と対談依頼をしたら、

「インタビューはNGです」

って言われたようなものです。

「えっ、そんなこと、事前に言っていないですよね?そもそも包括契約ですよね?」みたいな。

あるいは、また別の例で言えば、

クライアントと業務の契約を交わして、業務に従事していると、

「あれもやってもらえますか?」

「これもやってもらえますか?」

と、次から次へと、「あれもこれも」と追加で依頼が来る。

「こんな話、事前にありましたっけ?」

みたいな。

いずれも、

「先に言ってよー」としか言いようがない、後出しジャンケンです。

この後出しジャンケンが、ビジネスにおける取引先との間で起こったことであれば、契約の見直しや保障など、交渉の余地は大いにありますが、

今回のような、制度やルールを決める、お上が実施したことは、どうしようもありません。

実態はどの程度、民間事業者がこういうサポートを依頼したのか?は分かりません。

かなり、プロアクティブに国が動いて定めたもので、あくまで事業者がそれに乗っただけだったとしたら、「マジで勘弁してくれ!」って話だろうとは思います。

 

サッカーはルールで、「手を使ってはいけない」と定められていますが、

この試合に限り、特別なルールが適合され、「ハンド」はありません。なんてことがあったら、

もはや、そもそもサッカーではなくなってしまいます。

ただでさえ、ビジネスにおいては、後出しジャンケンは禁忌にもかかわらず、そもそものルールの変更。しかも後出しジャンケンは、反則としか言いようがないかもしれません。

今回のようなお上による、ルール変更はどうすることが出来ないとは言いつつ、

一方で、やっぱり、

ビジネスのキモは、どこまで変数をコントロールできるのか?

だとも思わずにはおれません。

もちろん、今回の場合は、事態が事態ですし、不測の連続かもしれません。

幸いなことに、私は、たまたま、このコロナの影響をさほど受けていないからかもしれません。

でも、この一連の動きを見ていて、商売においては、

自分でコントロールできることは何か??

逆に出来ないことは何か?

を理解し、その上で実行する。

同時に、どんなことが起こったら、ゲームオーバーになるのか?

を考え、その打ち手を準備し続けることが大切だと改めて思ったのです。

サービスのクオリティーのコントロールできているのか?

価格はコントロールできるのか?

スケジュールはコントロールできるのか?

集客はコントロールできるのか?

などなど、常日頃から自問自答し続けることが欠かせないのです。

それが、自分でどの程度理解できているのか?によって、その自社のストレス耐性が決まるのです。

「伝説の経営者」と呼ばれる、ジャック・ウェルチは、日ごろから

「競合他社が内を潰しにかかるとしたら、どこか?」

と部下に問うていたそうです。

どんな不測の事態においても、「27対7のゲーム展開」を維持するために、日々の積み上げ&準備が大切なのです。
*****
【今日のうねり】
ビジネスの肝は変数コントロールだ。
なので、何がコントロール出来て、出来ないのか?自覚できているかどうか?が大切だ。
そのために、常日頃から、自社の強みや弱みを意識し、行動し続けなければならないのだ。
結果的に、そういった行動が、27対7のゲームに繋がるのだ。