「小さな仕事はない。あるのは小さな想像力」なのです。

==========
令和2年文月20日  今日もクルクル通信690号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

その昔、

「中田、お前がやってんの、仕事じゃなくて作業だから」

と、先輩から言われ、今では、

仕事とは、未来に資産を生む営み

作業とは、その場限りの営み

そんな定義を持つようになった、と

昨日、書きました。今日も続けます。

では、当時の私がやっていた「作業」は本当に「仕事」ではなかったのか?

というと、必ずしもそうではなかったと思います。

作業の中にも、「仕事」はありました。

その先輩も、私がその「仕事」をしていたので、

「いい加減、お前もそろそろ自分で仕事を作れよ(作業の中ではなく)」

という意味もこのメッセージに含めてくれていたとも感じています。

昨日も書いた通り、

目的地をセットして、現在地からそこまでのレールを敷くことが仕事であり、

そのレールを使って、荷物を運搬することが作業。

そんなイメージなのですが、その荷物の運び方は、無数にあります。

例えば、

自分の手で一つ一つを運ぶのか?

台車を使って運ぶのか?

レールの上にタイヤと板をひいてしまって、ベルトコンベアを作ってしまうのか?

あるいは、

鉄道を敷設してしまうのか?

など。

ありとあらゆる荷物の運び方があって、状況に応じて、使えるリソースも変わりますが、創意工夫の余地が多分にあるのです。

結局、

作業を作業にするかどうかは、全て自分次第。

同じ、荷物を運ぶ行為だとしても、レールの長さや行先によって、やり方は変わるのです。

それにもかかわらず、

毎回、自分が知っている同じ運び方だけで、「馬鹿の一つ覚え」みたいにやっていると、

「お前、また代車で引っ張ってんのかよ。今回って、荷物も少ないんだから、お前が10個ぐらい抱えて走って行った方が早いだろ、頭と体を使えよ!」

とか、

「この山道で、台車はきついだろ。予算あるんだから、ベルトコンベア敷けば?」

みたいな指導を受けることがあるのです。

作業員だからと言って、作業だけをしていれば良いというものではないのです。

むしろ、作業員だから、作業しかしないと一生作業員のままなのです。

このレールはなぜ敷かれているのか?

それを考え続けていれば、創意工夫の意欲が湧き、作業が作業にならなくなるのです、

そういう行動をし続けていると、

「そろそろ、あいつにレールを敷くの任せても良いんじゃない?短くて楽なやつ」

みたいなチャンスが訪れるのです。

 

一方で、先輩が年次が高いという理由だけで、レールを敷いているケースがあります。

これは特に大企業。中でも、年功序列が生きている会社にありがちなことなのですが…

そのケースで、たまに起こる悲惨な出来事が、

「えっ、先輩、あそこにレール敷いちゃったの?荷物を運ぶの、どう考えても無理じゃね?」

というやつです笑

明らかに、無理ゲーなのに、「後、ヨロシク」ってやつが、あるんですよね。

青函トンネル?黒部ダム?クラスの難事業っしょ!?

としか思えないやつ。

その実行を任され、それの難事業っぷりに気づいたときに愕然とするやつです。

でも、それをやり切ったときは、それはそれでとてつもなく能力が伸びることがあるんですよね。

ダメな先輩に就いた人間が、激烈な成長を遂げるケースはこれだと思います、反面教師的に笑

実際、そんな難事業を何度か経験すると、自分がレールを敷く立場になった時に、

意味があって、運搬もしやすいレールを敷くことが出来るようになる。つまり、良い仕事が出来るようになるんですよね。

上司と先輩を選べないのが、大企業勤務の性ですから、

どんな時でも、作業を作業にしない。創意工夫を持って、業務に取り組め気持ちが大切なのです。

大好きな経営コンサルタントのトム・ピーターズは、

小さい仕事はない。あるのは小さい想像力だけ

といっています。めちゃかっこいいですよね。

ここでは、今回のような「仕事と作業」の整理はないので、要するに、

全てを「仕事」に変換するのは、自分次第。

ということだと思います。

それさえあれば、どんな行為も未来に繋がる「仕事」になるのです。

そんなトライをし続けていれば、必ず具眼の士がチャンスをくれるのです。
*****
【今日のうねり】
どんな仕事でも「仕事」になるのだ。
作業を作業にしてしまうのは、自分自身の心持ち。
小さな仕事はない。あるのは小さな創造力だけなのだ。
創意工夫を持って仕事に取り組み続けていれば、具眼の士がチャンスをくれるし、それをやり切る力が自分にもついているのだ。