「緊張の緩和」 緩める時にどこまで緩めることができるのか?

==========
令和2年文月23日  今日もクルクル通信693号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

「中田さん、<ストレッチポール>、最高です!」

昨日、愛用してるストレッチポールをご紹介したお客様から、こんなことを言われました。

先日、この方が、「体が歪んでるんですよね」って話をされていたので、

「ストレッチポールいいですよ。歪みが取れるかもしれません。ビフォアアフターで、仰向けになると、体の接地面がめちゃ増えます。しっかり体が緩んで、左右のバランスが改善されているってことだと思います。

ちなみに、年末にロンドンから一時帰国していた、腰痛持ちの友人は、その時に我が家でストレッチポールに乗ったんですけど、

この前、ロンドンまで両親に送ってもらったらしいです、あの時の気持ちよさが忘れられなかったらしくて笑」

なんて話をさせて頂いたんですよね。

速攻で購入されたらしく、実際に、お役に立っているようで、嬉しい限りです。

 

私は毎日、仕事に行く前と寝る前にストレッチポールに乗って、その後ストレッチをしています。

そもそものきっかけは加圧ジムで、私の異常な硬さを指摘されがことですが、

今ではこの時間は私の人生には欠かせないものなっています。

ノーストレッチポール、ノーライフと言っても過言ではありません笑

私にとってこれに乗っている時間は、緩める時間であり、リラックスタイムです。

朝は仕事に向かう前に、アスリートが練習や試合前に入念にストレッチをやるかのごとく、

一日全力で、パフォーマンスが出せるように「身体」を緩めています笑

もちろん、「身体」だけではなく、「頭」も緩めるようにしています。

「マインドフルネス瞑想」を取り入れています。

そんなことを言うと、かっこよく聞こえるかもですが笑

やっていることは、基本は、5分から10分間、目を閉じて深呼吸をするだけです。

ちなみに、自己流じゃないですよ、MiLI荻野さん(ラクロス部先輩)のセミナーに数年前に参加し、理論も含めて教わっていますからね。

どちらも自分で人体実験をした結果、

これを導入するのとしないのとでは、圧倒的にパフォーマンスの差が出るというのが結論です。

ノーストレッチポール、ノーライフですし、ノーマインドフルネス、ノーライフです。

 

心も体も、しっかり緩めること(緩められること)が高いパフォーマンスに繋がると思います。

筋肉の柔軟性が、アスリートのパフォーマンスに直結することはよく知られていますよね。

陸上の100メートル走世界記録保持者のウサイン・ボルトはめちゃくちゃ筋肉が柔らかいと聞きますし、

ゴルフの世界ランキングNO1のローリーマキロイはとてつもないパワーを持っていますが、その源泉は高い柔軟性とも聞きます。

緩める時に十分に緩めることが出来るから、力を入れた時に強力なパワーが出る。

例えば、竹や鞭も、十分に柔らかいから、力を入れた時に高いパワーが出るじゃないですか。

あるいは、お笑いもそうなのかもしれません。

上方落語の”レジェンド”桂枝雀師匠は、

「緊張の緩和」

がお笑いのメカニズムだと言っています。

十分な緊張があって、そこに緩和が来るから笑い生じる。

緊張が大きければ大きいほど、それが緩んだ時に、大きな笑いが生まれる。

緊張とその緩和。

 

おそらく、どんなことでも、

緩める時に緩めるからこそ、緊張(力を入れた時)に強烈なパワーが生まれるのです。

今日から四連休という方もたくさんいらっしゃると思いますが、平日は、緊張しっぱなしという人はしっかり、これを機会に心身を休められると良いですね。

一方、毎日リラックスタイムを設けている私は、

今日も変わらず、いつも通り5時に起きて、いつもの日常を過ごしています。

休みの取り方も力の入れ方も人それぞれだと思いますが、

「緊張の緩和」:積極的な活動のためにも、緩めることが大切。

そんなことを自分の「辞書」に書き込んでおくと、また人生が豊かになると思うのです。
*****
【今日のうねり】
高いパフォーマンスを発揮するには、それ以外の時間ではしっかり緩めることが大切だ。
「どこまで緩めることが出来るのか?」が、パフォーマンスを決めるのだ。
筋肉もお笑いも、どんなことでも、緩めるから力が出るのだ。