コインランドリーデビュー。おそるべし、ガスパワー。

==========
令和2年文月25日  今日もクルクル通信695号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

もう7月も終わろうとしているのに、まだ梅雨が明けません。

この連休も毎日雨。この雨で、何が一番テンションが下がるのか?っていうと、

洗濯物が外に干せないので本当に勘弁してほしいですね。洗濯担当の私としては。

ほんとにテンションが上がりません。

 

毎日洗濯をしているにもかかわらず、生乾きで、臭いも取れない。ほんと困るんですよね。

「太陽」さん恋しいです。

そんな矢先の一昨日、友人から、

「コインランドリーの乾燥機って、ガスだから火力が違うらしいよ。

ホテルのタオルみたいにふわふわになるらしい。それ、アリなんじゃない?」

そんな話を聞き、思わず、

「中華料理屋のガスみたいな感じ?」

「うん」

「自宅で、あのチャーハンはつくれないもんな。やっぱ、火力かー」

それ以来、「コインランドリー」が頭の片隅の住人になっていました笑

そして今朝、目が覚めると、雨。

けっこうな雨。

「これぞ、コインランドリー日和!」

ということで、最寄り(700メートルの距離にある)のコインランドリーに行くことにしました。

事前に下調べをしてみると、

・洗濯に30分(300円)/乾燥に20分(8分100円)。

⇒早い。その間は、本を読むか、モンストをやっていればよい。

・業務用だから、温度が80℃と一般用(60℃)よりも高い。その分、除菌/殺菌が出来る。

・外に干さなくてよいから、花粉やPM2.5も心配ない。

⇒それは知らなかった!こりゃいい!

よりテンションが上がっていきます。

「時間の効率化」と「心身の更なる健康」

という観点で益々、コインランドリーが魅力的に見えてきました。

 

朝8時過ぎ、実際にコインランドリーに着くと、

3台ある7キロの洗濯機は既にフル稼働中。

残りの4.5キロの洗濯機を(4台)のうち1台を使いました。

お目当ての業務用乾燥機は、4台中3台が既に稼働中。

朝7時開店ですが、皆さん、朝から活動しているようですね笑

ただ、このコインランドリー、想定よりも圧倒的に狭くて、丸椅子に大人が三人も座ったら、もうスペースがないくらいの感じで、ゆったり本を読むなんてことは出来ません、

待っている間は「散歩をしよう」と思っていたんですが、

とてつもなく雨が降っている時間帯だったので、散歩が出来ません。

結局、そこから徒歩5分程度のサンマルクカフェで時間を潰すことにしました。

そこから、再び、コインランドリーに戻って、洗濯機から洗濯物を取り出して、乾燥機にかける。

また20分待つ。

「さすがに手間かかるな。家で干した方が楽かな、こりゃ。やっぱりこのチョイスはないか…」

「いや、洗濯だけ家でやって、乾燥機だけコインランドリー。っていう選択肢もありかもな。でも、埋まっていたら時間がロスになるな。やっぱり、おとなしく自宅でやるか…」

なんて、一人問答を繰り返しながら、全てが終わるのを待っていました。

しかし、終了後、その乾燥機のパワーに圧倒されました、

「このふわふわ感。この乾き。これは捨てがたいものがあるぞ」

やっぱり心が揺らいでしまいました笑

すると、ゴミ袋いっぱいに洗濯物を入れて、迷うことなく、乾燥機に直行する男性が入ってきました。

ほんと45リットルのゴミ袋いっぱいの洗濯物です。

その慣れた手つきに、「ベテラン感」を感じたので、

「よくいらっしゃるんですか?」

ってお聞きすると、

「そうですね。1週間分まとめて家で洗濯して、ここの乾燥機で乾かしています。1週間分まとめてやっても、40分とか50分で乾いちゃうから楽ですよね」

とのこと。

あー、これです。やっぱりやっている人いるんですね、このパターン。

その勢いで、これまた、洗濯機の上に、コンビニのコーヒーを置いて、読書をしている、どう見ても「ベテラン」の方に、

「私、初めてなんですけど…よくいらっしゃるんですか?」

って質問しました。

「そうですね。よく来ています。近いんで、家に帰ることもありますが、本を読んでいれば良いだけなので。楽ですよ」

やっぱり、このパターンの人もいるんだなと確信。

ちなみに、私が出会った人は3人いたんですけど、全員男性でした。そのうち、パパと思しき人は2人でした。

大変失礼なのですが、

私は、生まれてこの方1度もコインランドリーに足を踏み入れたことはありませんでした。

ここを使う人は、銭湯同様、自宅に風呂や洗濯機がない人。あるいは、洗濯をしたくない独身男性が行くところだと思い込んでいました。

しかし、実際に使用してみて、その思い込みが大きく覆されつつあります。

時間が計算出来て、仕上がりも良い。除菌・殺菌も出来る。だから匂いの心配もない!

って考えると、

「これ、アリなんじゃないか?」検討の余地が十分にあるように思えてきました。

例えば、

自宅の場合、毎日洗濯機を回して、その洗濯物を干す。所要時間は、15分~20分。週7回で140分。

一方、コインランドリーは、徒歩往復20分。乾燥機を回している時間を仮に50分で週に2回行くとしたら100分。合計140分/週

干している間に出来ることは、音源学習だけですが、ランドリーは、散歩も読書も、モンストも出来ちゃいます。

投資時間は同じですが、毎朝の貴重な時間が浮きます。

これは、もしかしたら、

「時間の効率化」と「心身の更なる健康」という評価軸で見たら、

コインランドリーに軍配が上がる可能性も出てきました。

物事を選ぶときは、評価基準を明確にすることが大切です。

ちょっと、コインランドリー生活も検討してみたいと思います。

まったく別の観点ですが、副業NO1のコインランドリービジネス。

結構裾野が広く、意外とチャンスがあるのかも?

なんてことも思いました。
*****
【今日のうねり】
よりよい生活を求めて、情報をゲットしたら、実行してみることに限る。
やることでしか見えないことが沢山あるから。
その際に大切なことは評価基準を明確にすることだ。
それによって、良いも悪いも決まるのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA