大学時代、イトーヨーカドー創業者伊藤雅俊さんに、怒鳴られた話

==========
令和2年文月27日  今日もクルクル通信697号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

最近、誰かに怒られましたことってありますか?

親や学校の先生に幼い時に大声で怒鳴られたみたいに。時に、グーやパーで殴られたり笑

別に大声じゃなくても、手を伴わなくても良いんですけど…説教をされたことってありますか?

ご存知の通り、怒ったり、注意したり、指導することって、とてつもないエネルギーを必要とすることですから、義務教育を終えた以降、そういった経験が「まるでない」という方もいるかもしれません。

私は、有難いことに、義務教育時代も、そしてそれ以降も、けっこう怒られてきました笑

例えば、中学2年生の時、

土曜日の午前中の授業終了後、午後のサッカーの試合までの時間がなくて、校門前で集合時間までの僅かな時間に立ちながら、パンを食べていたら、

「お前、何こんなとこでパン、食べてんだ!行儀が悪い」って言われて、先生にグーで殴られたことがありました。

高校時代は個人的な指導をされた記憶はないですけど、部活ではけっこう頻繁に怒られていました。

大学時代は、

イトーヨーカドー創業者の伊藤雅俊さんに、大教室で怒鳴られたことがありました。

当時は、小便がちびれるほど、怖かったですが、今では自慢の思い出です笑

大学院時代は論文に対して、かなりダメ出し=指導をしていただきましたし、幸いなことに、社会に出てからもたくさん指導をしていただいてきました。

お前がやってんの、仕事じゃなくて作業だから

は、その代表です。

電通を退社し、YCPやARUYOを退社し、経営者になってからは、その機会は減っています。

でも、

説教される事の本質が、そのことを起点として、

内省すること

だとしたら、

今の自分の行為が間違っているのか?何が間違っていたのか?

直すとしたら、どこをどのように直せばよいのか?

と、自らに問いかけること

だとするならば、

激烈には減っていません。

減らないように、自らその機会を求めて、行動をしています。

例えば、月に一回コンサルを受けていますし、お客様やパートナーにフィードバックをもらうようにもしています。

各種セミナーへの出席もそうです。

内省なくして、成長ナシ。

自分で自分の改善すべきことを気づくことは難しいから。積極的に、そういった機会を設けるしかないと思っています。

でも、逆に言えば、第3者に客観的な意見をもらえば、結構簡単に気づくことができたりもします。

 

大学の部活時代に、「怒られキャラ」って言われたことがありました笑

これは、先輩(コーチ)から怒られやすいあるいは、言いやすいキャラという意味です。

確かに、大学時代だけでなく、ずっと、「怒られキャラ」だったかもしれません笑

怒られることは、決して気分のいいものではなかったですが、今から思えば、

本当にそのキャラで良かったなって思います。

怒られた分だけ、自分と向き合いましたからね。

むしろ、「怒りにくいキャラ」。腫れ物に触れるように、指導される経験が少ないのだとしたら、損だなとすら思うのです。

その分だけ、内省する機会が少ないのですから。

もちろん、書物を読んで内省することも出来ますが、リアルな人からもらう刺激比べたら弱いですよね。

怒られること、ダメ出しをされることは、本能的に嫌なこと。出来ることなら、避けたいものです。

でも、それをしなかったらもう自分の上限は見えてしまっているので、「お山に大将」になってしまいます。

「お山の大将になる恐怖」に比べたら、指導されることなんて、何でもないのです。

 

トム・、ピーターズは、

「個人大学を作れ。師匠をたくさん持て!」

という話をしていますが、本当にそうです。

沢山の指導教官に恵まれていれば、内省する機会も多くなりますし、学び続けることも出来ます。

いくつになっても、成長し続けることが出来る環境を自ら作ることが大切なのです。
*****
【今日のうねり】
人の成長は、内省する回数によって決まるものだ。
怒られること、指導されることは、その機会となる。
義務教育以降、その機会は激減するものだから、自ら求めるしかない。
しかし、怒られることは本能に逆らうことなので、誰もがやりたくないもの。
かといって、その機会がなければ、成長が止まってしまう。
経営者であれば、その時に「お山の大将」になってしまうのだ。
それで良いなら良いのだが…
そうでないならが、沢山の師匠を外部に持つ。そういった行動をしなければならないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA