「ウサギの歩み」と「亀の歩み」使い分けていますか?

==========
令和2年文月30日  今日もクルクル通信700号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

簡単に手に入れたものは簡単に崩れ去る。

人生100年時代なんだし、コツコツ「亀の歩み」で物事を習得していくのもありじゃないか。

時間をかけて、手に入れたものは簡単に崩れ去らないのだから。

そんなことを昨日書きましたが、今日も続けます。

話が一気に変わりますが、

先週の連休のある日、モンストの新クエスト(「未開の大地」)にトライしていました。

そのクエストの期限は、先週末。

最後のステージを突破しないと、来月新たに投入されるステージにチャレンジできなくなる。という仕様になっているため、

モンストにドハマりしている、私はどうしてもそれをクリアする必要がありました。

必要はないんですけど、あったのです笑

でも、やれどもやれども、そのステージがクリアできない。

その大きな理由は、先月リリースされた、このクエストの最適性のキャラクターをゲットしていないことにありました。

私のプレイスキルを棚に上げての話ですが笑

そのキャラを持っていなかったので、「クリアは難しいかな」と思いつつも、ググっていろんな動画をチェックしていました。

すると、私の手持ちのキャラクターだけで実際にクリアしている動画が何本かありました!

それを食い入るように見ながら、クエストにチャレンジ。

しかし、何度やってもクリアできず…

いったい何時間つぎ込んだでしょうか?

てか、「お前一体何やってんだよ」って話ですよね笑 すみません。

さすがに、「もうダメかな」って思っていた時に、「フレンド枠」にその新キャラを発見したのです!

「フレンド枠」とは、実際の友人や自分の近郊のモンストユーザーが設定しているキャラクターのこと。一人一体設定することができ、その枠のキャラは、自由に使うことができます(ただし、使用制限アリ)

「これは!」と思って使ってみると、クリアには及ばなかったのですが、ラスボスまでは、行くことが出来ました。

それまでは、ラスボスまで行ったことはほぼなかったです笑

「なんだこれ?超楽じゃね?これがあれば、クリアできるかも!」

でも、その後、そのキャラにお目にかかることはなかったです。

そのキャラなしで、何度かチャレンジをし直しましたが、やっぱりクリアできません。

どうしたらあのキャラが手に入るのか?

もうそのキャラは来月までゲットのチャンスがないので、「フレンド枠」頼みしかありません。

で、ふと思いました。

「友人の〇〇。あいつ、もしかしたらあのキャラクターは持ってんじゃねーか?」

って。さすがに連休だし、聞くのも、はばかられるんだけど、背に腹は代えられないし。

「聞くのはタダ!」ということで、

「久しぶりー、童子切(キャラ名)持ってる?持ってるならフレンド枠にしてくれない。拠点11で困ってんだよ。いきなりでゴメン笑」

ってラインをしました。

すると、数分後に。

「持ってるよ。設定しときましたー。頑張ってねw」

と一言。

「まじ神!」と心の中で叫びました。

早速、そのキャラクターを使わせてもらうと、5回目ぐらいのチャレンジで無事にクリアができました。

そのキャラを使ってからの所要時間は、30分程度でした。

一方で、そのキャラ無しで、無謀にもチャレンジし続けた時間は、数時間。

これは一体何なんだって話です!笑

「たった一体キャラがあるかないのか?」で全く別のゲームくらいに難易度が変わってしまったのです。

超難しかったものが、超簡単になってしまったのです。

これって、何かに似ていますよね?

これって、物事の学びにもありますよね?

「知っているか?知らないのか?」だけで、天地の開きが生まれることって。

ただそれだけなのに、激烈な差が生まれてしまう。

知らない人は、あれこれ、難しい方法でチャレンジをし続けてしまう。

でも、一向に成果を上げることが出来ない。

一方で、知っている人は、何もなかったかのように、ラクショーに突破していってしまうこと。

これって、ありますよね。

しかも、その知識を知らなかった人が、仮に、その方法があることを知ったとしても、頑なに自分のやり方に固執するなんてこともありますよね。自分の方法に投下している時間が長ければ長いほど。

まさに、「サンクコストの罠」ってやつなのですが…

モンストにおける「キャラ」って、学びにおける「知識やノウハウ」に置き換えることができると思うのです。

「お金さえ払えば」という制限がありますけれども、これらは簡単に手に入れることができます。

簡単に入るし、その場ですぐに簡単に使うこともできます。

成果もすぐに出ます。

でも、使用範囲が限定されており、その単元(今回のクエスト)にしか使うことができない。

しかし、その単元においては、激烈な力を発揮してくれる。

まさに、知識・ノウハウだと思うのです。

 

昨日の「亀の歩み」の話で言えば、この知識ノウハウ系の学びは、これには該当しないと言えます。

亀の歩みが必要なのは、例えば、昨日書いたように「姿勢を正す」といった、「本質的な」学びやその修正です。

それは、物理的な姿勢だけでなく、仕事に対する姿勢の両方です。

これらは簡単に売っていなければ、簡単に手に入れることも出来ませんからね。「亀の歩み」しかないのです。

あるいは、

仕事を最適に進めていく力

もそうでしょう。

これには、例えば、コミュニケーション力や、論点を設定する力も、人を巻き込む力、実行する力も必要になってきますから。

これらは、知識ノウハウ系ではなく、OS系なので、簡単に手に入ることは難しい。

コツコツ長い時間を投資するからこそ、身に着けられるものです。

だとすれば、

何かを学び、何かを身につける時には、

それが、

知識ノウハウ系のものなのか?

はたまた、

本質的なOS系のものなのか?

をきちんと理解した上で臨むことが必要だと言えます。

それさえできていれば、今欲しいものが、知識ノウハウ系であれば、良いものを探して、ゲットすれば良い。それを使えば、すぐに成果を上げることが出来る

って判断が出来ますし、

その逆であれば、数年単位でそもそも腰を据えて取り組むことが出来ます。

分かってさえいれば、物理的にも精神的にも遠回りをせずに最短距離で、ゴールまでたどり着くことが出来るのです。

「亀の歩み」と「ウサギの歩み」を使い分けることさえできれば、より人生はラクに歩むことが出来ると思うのです。
*****
【今日のうねり】
学びには、二種類がある。
OS系か?知識ノウハウ系か?
今、自分が身に着けようとしていることがそのどちらなのか?
を理解できているかどうかによって、物理的にも精神的にも最短距離でゴールにたどり着けるのだ。
前者であれば、亀の歩みだし、後者であれば、ウサギの歩みで行く。その使い分けが出来るのだから。
その使い分けをうまくやることで人生はラクショーになるのだ。