真夏に「もりそば」よりも「カレーうどん」が食べたくなるってどんな日?

==========
令和2年葉月11日  今日もクルクル通信712号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

連日めちゃ暑い日が続いていますね。今日、群馬県伊勢崎市では、40℃を超えたそうです。

こんな日が続くとなかなか難しいのが寝る時の室温コントロールですよね。

皆さんはどうしていますか?

例えば、

クーラーをガンガンにして布団を被るっていう人もいるかもしれませんし、

クーラーは消して寝るという人もいるかもしれません。

つけっぱなしで寝ると、体が冷えてしまって体がだるくなってしまう。汗かいて寝た方がまだましなので。という人もいると思います。

あるいは、寝室ではなく、隣の部屋で、クーラーをつけておいて、そこの扉を開けて寝室に冷気が流れ込むようにする、という人もいるかもしれませんし、

クーラーなしで扇風機だけという人もいるかもしれません。

まあ人それぞれですよね。

どれが良い。と言ったものはないでしょう。

私は、隣室クーラー、室温は28℃を採用しています。

個人的には、寝ているときの28℃はやや寒めです笑

そういえば、28℃がクーラーの標準温度になったのって、「クールビズ」以降のようです。

この28℃が暑いのか?涼しいのか?これは相対的なものです。

例えば、5月に、天気予報で「明日の最高気温は28℃です」と聞くと、

「おっ、明日は結構気温が上がるぞ」って思いますけど、今のように、連日35℃になると、

「28℃は涼しいよね」になります。

同じように、そんな猛暑の中、外から28℃の部屋に入ってきたら、「あー涼しい」ってなりますよ。

もし、明日突然天候が崩れて25℃になったとしたら、肌寒くて、「羽織るものが欲しい」という人もたくさん出ると思いますし、

そば屋に入ったら、もりそばよりもカレーうどんを所望する人がきっと増えるでしょう。

コンビニのアイスの売れ行きも、「絶対的な暑さよりも前日との気温差の影響を受ける」なんてことを聞いたこともあります。

暑い、寒いといった感覚は、相対的な比較によって決まると言えます。

 

話は一気に変わりますが、その昔、プロ野球のオリックスに<星野伸之>というピッチャーがいました。

大して、野球に詳しくはないですけど、よく覚えています。

なぜなら、

「球が遅くて有名」

だったからです。

武器はたぶん、70キロ台のスローカーブ。ストレートは130キロくらいだったと思います。

絶対値で見れば、130キロのストレートって全然速くないんですよね。

でも、めちゃ勝っていたんですよね。それで覚えています。

wikiで調べたところ、「11年連続2桁勝利」って出ていますから、やっぱりすごい選手でした。

しかも、彼のストレート。実際の球速はそうでもないのに、選手にとっては、「超速かった」らしいです。

スローカーブが遅すぎて、それとストレートの落差で、「超速い」と打者に感じさせていたようです。

全然わからないですけど、緩急差が60キロはやばそうですよね。

wiki情報によると、実際、当時最速記録(158キロ)の伊良部選手よりも、「星野さんの方が速い」ってコメントを残している選手(ロッテの初芝さん)がいるようです。

速いも遅いも、感覚は相対的な比較によって決まると言えます。

これはある種の錯覚かもしれませんが…

ほら、旅行客でもたまに見ますよね?

真冬の東京で半袖で歩いている人って。なんなら短パンの人もいますよね。

例えば、北欧のようにマイナスの世界の人からすれば、東京の冬なんて寒くないのでしょう。

北欧まで行かなくても、札幌やニセコで冬を過ごしている人が、真冬の東京に来ても、

「別にコートといらなくないですか?」なんて言っているのも聞くことがありますが、

これも、相対的に東京が暖かいだけですよね。

 

暑い、寒い。速い、遅い。強い、弱い。よく知っている、全然知らない。

これらの評価ってのは、相対的な比較によって決まるんですよね。

これは個人の感覚だけの話ではなく、ビジネスにおいても同じだと思うのです。

例えば、自分の業界の「当たり前」のような知識やノウハウでも、別の業界の人にとっては、

「えっ、まじですか?そんなことを知ってるんですか??是非教えてください!勉強させてください」

なんて、「宝の山」になることだってあります。

あるいは、ある部署では、「普通」という評価だった人が、別の部署に行った途端、「最高」になることもあります。

この場合は、最初の部署では、周りに同じようなスキルや能力を持っている人が沢山いたので、目立つことができなかった。でも、新しい部署では、そういった人がいなかったので、お役に立てることができた。

ということなのかもしれません。(あるいは、強みを活かせるようになったという可能性もありますが)

ビジネスにおいては、評価は自分ではなく、他者によって下されるものです。

しかも、それは、やっぱり、絶対的なことよりも、周りの人との相対的な比較によって決まるんですよね。

なので、自分の強みが相対的に価値を出せる場所でパフォームするってことが大事なんですよね。

せっかくやるのですから、同じことをやっても、「有難い」と感謝されるところでお仕事をしたいですよね。

じゃなきゃもったいないです。

評価が相対的に決まるのだから、

どこに座るのか?

が重要なんですよね。

そういえば、どこに座るのか?が重要なのは、ビジネスだけでなく、ポーカーでも一緒のようです笑

敵が弱そうなところに座ること

ポーカーも大事なポイントらしいので。

評価がどのように決まるのか?を考えるだけで、世の中の見え方も行動も変わるように思うのです。
*****
【今日のうねり】
評価は相対的な比較によって決まるのだ。
だから、自分が評価されるときは、何を何と比較されているのか?
を考えることが大事なのだ。
自分では、何でもないことが、ある人にとっては「宝の山」になることがあるのし、
自分が相対的に輝ける場所を探す。どこに座るのか?が重要なのだ。