習慣と自信と信用の関係。

==========
令和2年葉月20日  今日もクルクル通信732号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

この前の日曜日と月曜日の朝、いつも散歩道を歩いていると、ほぼ同じ時間に2日連続で、

「おはようございます」

と話しかけられました。

ふと見てみると、ベンチにご近所さんが座っていました。

「二日連続っすね?」

と聞くと、

「いや、毎朝。散歩してから、ここで瞑想しているんだよね」

とのこと。

もうちょっと聞いてみると、

散歩の前に、家で20分ほどオンラインヨガ。散歩&瞑想の後は、

そのまま馴染みのコーヒーショップで、マイボトルにコーヒーを入れてもらって、一服。

これで準備完了。そこから仕事に向かう。

これが、毎日のルーティーン。

そんな話を聞かせてくれました。

ちなみに、私も最近、ヨガへの関心が高まってきているので、

「どこか、パーソナルでヨガが出来るところがありませんか?」

とお聞きすると、

「ちょっと、分からないなー。俺は、90分のパーソナルトレーニングで、60分が筋トレで、残りの30分でストレッチをやっているんだよね」

とのことでした。

ちなみにこのご近所さん、聞いてびっくりするような会社の社長さん。

でも、それを全く感じさせない気さくな方なんですよね。

ドラゴンボールで言えば、「気」を消す。

ハンターハンターでは、「絶」。

と言った感じでしょうか笑

初めてお仕事を聞いた時は腰が抜けるほどびっくりしました。

それはさておき、二日連続でベンチでお会いし、お話をさせて頂いて

「やってる人はやっている」

って思ったんですよね。

彼の毎朝のルーティーン、結構いい感じで仕上がっていますよね。

90分~120分を仕事前の準備に投資していると思われますから、

しかるべき準備をしているから、しかるべき成果を上げている

という当たり前を改めて突き付けられた気がしました。

 

「イチローと比較すんなよ」って話かもしれませんが、彼がルーティーンマニアなのは有名な話ですよね。例えば、

試合の時は、いつもカレー。

靴の紐を結ぶ順番も、グラウンドに入れる足(確か左足)も、ウォーミングアップの順番も、

フリーバッティングの球を打つ方向も回数も、確か全部決まってるんですよね。

あるいは、

脳科学者の茂木健一郎さんもけっこう不思議な朝のルーティーンをやっているんですよね。

まだ、彼がNHK<プロフェッショナル>の司会をやっていた時に、それが紹介されていて、すっげえびっくりしたことを覚えています。

ベッドの横に、PCを置いていて、起きた瞬間にいきなり仕事を始める。

ひと段落すると、家の近くの、公園。木が沢山茂っている、森のようなところの木と木の間をランダムに走る。

自然光を浴びることと、自然に囲まれ、走ると、脳に刺激が入る。

みたいなことを言っていたんです。

その走っている姿が滑稽でめちゃ覚えているんですが、実際にググってみると、全然出てきません。

今も、朝の重要性は語っているのですが、あの森を走っていることが書いていないんですよね笑

私の記憶違いなのか…

メンタリストDaiGoも朝のルーティンがすごいですよね。

サプリ、筋トレ(しかもHIIT)、そして瞑想。

などなど、他にも、成果を上げている人の多くの人が、それぞれの独自にルーティーンがある。そんな話をよく聞きますよね。

それらが、どこまで正当性があるのか?

実際に成果が上がるのか?

分かりません。

それに根拠があるのか?

も分かりません。あるのかもしれないし、ないのかもしれません。

感覚や願掛けのような要素もあるのかもしれません。

でも、一つだけ確かなことは、

毎日の習慣が、精神の軸を生む

ということです。

これは、

<GACKTの勝ち方>の中で彼が語っていた一言なんです。

「毎日サボらずにやっている」という行動が、「自分はできる」という自信になる。精神的な軸はそこで生まれる。

と言っているんですよね。

もちろん朝の晩の歯磨きや洗顔といった、誰もがやっている習慣が、いい大人の自信に繋がるとは思いません。

何も負荷がかかっていませんからね。

でも、筋トレでも、日記でも、ブログでも、家庭菜園でも、トイレ掃除でも、何でもよいから、それなりに負荷がかかることを毎日欠かさずやり続ける。

それが、精神の軸を作り、自信につながることはあると思うのです。

自信とは、自分に対する信用なのです。

習慣を通して、出来なかったことが出来るようになる。

もちろん、それも大きな価値ですが、

実は、

「自分に対する信用がある」という自信を生むことが何よりも得難い価値だと思うのです。

これからも、毎日書き続けます。
*****
【今日のうねり】
成果を上げる人は、しかるべきルーティーンを持っていることが多い。
ルーティーン=習慣は、それをやるだけで、自動的に成果が上がる行為のことだが、
成果が上がる以上に価値があることは、
それが自信につながることだ。
自信とは自分を信じる力のこと。
それが精神の軸となるから、人生の歩みが変わるのだ。