「モバイル周辺機器三冠王」に学ぶ、戦略とは順序。

==========
令和2年葉月27日  今日もクルクル通信739号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

Bluetoothイヤホンを2年半ぶりに買い替えました。

それを決断した理由は、充電の不具合です。

「さあ、これから音源聴くぞ」って時にイヤホンを耳に突っ込み、そこで、

「Bluetooth connected,  battery level low」

と言われたときのあの気分の悪さに耐え切れませんでした。

 

アマゾンで、「Bluetoothワイヤレスイヤホン」と打ち込むと、目を疑うほどの数の商品が表示されました。

その数の多さもさることながら、一番びっくりしたのはその価格です。

今まで使ってたソニーの商品は、当時の最新モデルで、金額は3万円。

ぱっと見、そんな価格帯の商品は一つもありません。

5000円前後のものが一番多いといった印象です。

中には2000円の「令和最新モデル」なんてものまであります。

聞いたことない会社でしたが、数百のレビューがついていますから、「これで良いのかな?」と決めかけていました。

私の場合、クラシックやジャズを聴くわけでもないので、音質が良いのか?ではなく、

電池がそこそこも持って、ちゃんと音が聞こえるのか?が論点なので、これで十分かなと思って。

ところが、ちょうどその時に、ガジェット好きのお客様と話をしていたら、

「中田さん、サクラに気をつけてくださいね。レビューもサクラが多いですから。<サクラチェッカー>見た方が良いですよ?」

なんてアドバイスをもらいました。

「サクラ?サクラチェッカー?何ですか、それ?」って感じな私。

そのサイトは、商品名を入れると、サクラ度合いが分かるというサイトです。

実際、その候補だった商品名を入れると、

危険度95%

という判定。ほとんどのレビューが「やらせ」ってことでした笑

やっぱ、

「蛇の道は蛇」ですね。

その道のプロに聞くべしです。

聞かなかったら、そんなサイトの存在も知りえませんからね。

結局、Bluetoothスピーカーを愛用している「Anker」の中位モデルを買うことにしました。

これがめちゃくちゃ良いです。

今までのものよりも、音もノイズキャンセリングも良いです。

まだ、一日目なので、電池は確認できていないですが、おそらく良いでしょう。

にもかかわらず、

価格が1/4

まったく恐ろしい時代ですよね。

確かに以前から、家電業界は激戦を極めているとは思っていました。

例えば、テレビやレコーダーの最新モデルは1年後には半額になっていますよね。

空気清浄機やプリンターもそうです。

2年でクオリティーが良くなって、しかも価格が1/4の商品が投入されてしまう。

そんな中で、一体どうやって適正な利益を出すのか?

想像もつきません。

激戦も激戦ですからね。

一体、どうしたら、こういった激戦市場で戦おうと思うのか?

こちらも全く想像がつきません。

まぁ、私にはここに参入する、資力もバックグラウンドもアイディアも能力も。何もないので、その選択肢も意欲もありませんが笑

とにかく激戦と思しき戦場には出ていかないこと

を改めて決意をしました笑

戦場は最初しか選べないですからね。

ポーカー経営で言えば、どのテーブルに座るのか?で勝負が決するってやつです。

 

ところがです。

私が、ワイヤレスイヤホンを購入したメーカーのAnker

調べてみたら、

なんと、創業は2011年。

まだ10年未満の会社で、ちょうど3日前の8月24日に深セン証券取引所で上場を果たしたそうです。

創業者はグーグルの元エンジニアのヤンさん。

よくもまあ、こういった激戦に乗り込んでいきましたよね。

でも、よくよく考えたら、私はここの商品を3つのカテゴリーで持っていました。

初めて買ったのはモバイルバッテリー。

その次に買ったのは、Bluetooth、スピーカー。そして、このワイヤレスイヤホンです。

確かに10年前は名前を聞かなかった会社なのに、こんなに商品を使わせてもらっています。

調べてみると、

最初は、モバイルバッテリーや急速充電器に特化してビジネスをスタートしたようです。販売チャネルはオンラインのみ。

その後2018年に、オーディオカテゴリにも参入しました。

AnkerのBluetoothスピーカーって、ボディの感じが、モバイルバッテリーに超似てるんですよね。

このボディの中身、全部電池なんじゃないかって感じすらします笑

音もそこそこ良いんですよ。

なので、モバイル領域で、自分たちの強みである、バッテリーを活かせるカテゴリ。

と言う観点で、ポータブルスピーカーという戦場を選んだのではないか?

その後、スピーカーで音技術の知見を貯めて、Bluetoothイヤホンという流れだったのではないか?

そんなことを想像しました。

何が凄いって、そんな激戦マーケットの後発組にもかかわらず、Amazonにおいて、

モバイルバッテリーでも、ポータブルスピーカーでも、ワイヤレスイヤホンでも、その3つジャンルにおいてランキング1位を獲得しているんですよね。

モバイル周辺機器三冠王

と言っても過言ではないでしょう。

凄すぎますね。

ちょっと、びっくりしました。

今ではルンバみたいなものを作ったり、ホームシアターもやっているようですが、それがうまくいっているのかどうか?は分かりません。

そして、ここまでの展開を創業当時から描いていたのか?も分かりません。

いずれにせよ、まずは一つの戦場で、勝ち切る。

グー・パー・チョキ」という意識はビジネスにおいても大切なのです。

まずは強烈なグー(強み)で、市場に穴を開ける。そこからその強みの近接領域に手を広げて行く

というイメージは常に頭に入れておきたいところです。

戦略とは、順序

とも言われますが、このAnkerはそのお手本とも言えるかもしれません。

勝つべくして勝つ

美しい戦い方をしたいものです。
*****
【今日のうねり】
商売はどこで戦うのか?どのテーブルに座るのか?が重要だ。
激戦には近寄ってはならないのだ。
どこに戦場を定めるのか?
それは自分の強み起点であることは間違いないが、まずは一つに特化することが大事だ。
強力なグーから始める。その後、そこを起点に広げて行く。
戦略とは順序なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA