ノムさんの【成果を上げるシステム】はメモだった

昨日ご紹介した落合監督の書籍に続き、野村監督の最新書籍【野村のメモ】を読みました。
他にも読みたい本が山積みになっているんですけれども、「塊」の法則を生かして、一流野球選手の書籍を固め打ちしました。
いやー、本当に凄いですね、鳥肌が立ちました。
この書籍は、野村監督が現役の選手時代から【毎時、毎分】取っていたという「メモ」、その効用について書かれている書籍です。
どんな風にメモを取っていたのか?というと、
例えば、対戦したバッターにやられたカウント、配球。あるいは対戦した投手のクセなど、1試合ごとに気付いたことをひたすらに手書きでメモを取っていたようです。
投手のクセに関しては、カーブとストレートだと、モーションに入るときの帽子のロゴの見え方が違うなど…克明に書いた。
そして、それを帰宅してから【ノートにまとめる】という作業を毎日繰り返していたとのことです。恐るべしですよね。
【野村ノート】というのは(書籍にもなって)有名ですが、そのノートの元となっていたのがこのメモだったそうです。
人間は多くのことを覚えていくことなんて無理。翌日には気づいたことのほとんど忘れてしまうから、全部メモにしておいた
そうです。
そのメモを元に、次に対戦するときに対策を練ったそうですね。
監督は1日に3回を試合をしたとも書いていました。
試合前の想像試合
実際の試合
振り返りながらもう一度試合
気付いたことを書く⇒それを実行する⇒そしてさらに気づいたことを書き出していく⇒実行する
というサイクルで成果を上げていった。
これが野村監督の成果を上げるシステムのようです。
詳細は書籍に譲りますが、とんでもない名著なのでぜひ読んでください!

さて、私のブログですが130回を超えました。
野村監督のメモとこのブログが一緒の役割だというと僭越ですが、
このブログも毎日の気づき・学びの「超拡大版」のメモみたいなものです。
別名、日記ともいうかもしれません。
学んだこと、気づいたことを書き記すことによって、毎日にくさびを打つ。それを、日々の成長に繋げていくというのが狙いの一つではあります。

監督は、書くことによって記憶が定着されると書かれていましたが、
僕は次のようなシステムで定着をさせています。
喋る(吹き込む)ことによって、ブログ(初稿)を書く。
パソコンでその初稿を修正することによって加筆修正をする。
公開し、FacebookやTwitterで知り合いにシェアもすることで拡げる。
Facebookのタイムラインが僕の写真ばかりになることがあるという「苦情」を頂戴することもありますが…
そして、オンライン上でコメントを頂戴する。
時には、お会いした時に
「あのブログ、面白かった」
とか、
「書いてあった、あのことなんだけど」
など、コメントを頂戴するのが一番うれしいですし、有難いですよね。
そこで、もう一回記憶が呼び戻されて、実際に話をさせていただくことによってさらに思索が深まっていきますので。
話す⇒書く⇒話す⇒思考が深まる⇒定着する
といったイメージでしょうか。
まだまだ成果が出ておりませんが…機能している始めている実感も徐々にあるので、野村監督の教えに従って、これからも突き進みます。

さて、年末のこの時期になると毎年忙しくしていたのが年賀状作成です。
年賀状の役割は【信念(新年)のご挨拶&近況のご報告】だと思います。
このブログは年賀状を毎日書いているようなものですから、年賀状ならぬ【日々賀状】といったところでしょうか笑
ここでより濃密に、しつこすぎるぐらい?(笑)日々をご報告させて頂いているわけですから、あえての年賀状はなくすことにしました。その役割も込めてこのブログを書き続けます。

万が一、既にお書き下さった方々がいらっしゃったとしましたら、ご報告が遅くなって大変申し訳ございません。この場をお借りしてお詫び申し上げます。
僕はこのように元気にしておりますので、どうぞ引き続き宜しくお願い申し上げます。

===
■ 100人プロジェクト 80/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら