夏雲と知識とセンス。

==========
令和2年9月2日  今日もクルクル通信745号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
=========

これは、この週末、夕方に撮った写真です。

「この雲、インディペンデンスデイかよ」

ってツッコミながら、めちゃ美しかったので、滅多に撮らない写真を撮りました。

この夏は、散歩中に、セミやミミズなどたくさんの虫たちと触れ合いましたが、

実は夏の空、特に雲にも注目をしていました。

ほんとに、二つとして同じものがない。

見れば見るほど、雲って興味深いんですよね。ほんと夏空は美しいです。

でも、私は雲に対する知識が全然ないから、

例えば、

「あれは入道雲!」

とか、

「あれは積乱雲!」

とか

判別することができません。

ググってみたら、主に10種類の雲があるようです。

しかも、「入道雲=積乱雲」みたいですね、恥ずかしながら笑

こんな感じでほぼ知識がないので、

「この夏空はいいな!雲もいい感じで素敵だな」なんて思いながらも、描写することもろくにできません。

できたといえば、

この写真の「インディペンデンスディ」くらいでした。

しかも、インディペンデンスデイも雲ではなく、宇宙船でした笑

映画も出てきた情景に例えるくらいしかできないのです。

もうちょっとだけ知識があれば、

あれは、「巻雲だ」「積雲だ」とか、もうちょっと描写することが出来たと思います。

 

そうなんです。

知識がないと、表現が出来ないんですよね。

「インディペンデンスデイ」を知らなかったら、この雲を見ても、「すげーな、デカいな」くらいしか表現が出来なかったと思います。

これは、「知識」というかもしれないし、「言葉」というかもしれませんが、

言葉の緻密さが、どの程度深く、そのことを理解しているのか?に繋がります。

以前も書きましたが、「分かるは分ける」であり、

細かく分けるには、それだけ数多くの言葉が必要で、それが緻密さを生むのだとも思います。

 

クリエイティブディレクターの水野学さんは、<センスは知識からはじまる>という書籍の中で、
===
センスとは、知識の集積

「センスのよさ」とは、数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化する能力である。

そして、それを磨くには、まずは「普通を知ること」が必要。

普通を知る唯一の方法は、知識を得ること
===

と書いていました。

結局、センスの良し悪しも、基本的な原理原則。その知識がなかったら、身につかないし、

知識=言葉なくして、表現することも考えることも難しい。

「センスがよい」表現や思考をするなら、膨大な知識が必要と言うこと

だと理解をしました。

 

他者との共通理解を深める最良の方法の一つに、比喩表現があります。

これもセンスがめちゃ問われるものですが、センスが良い人は、やっぱり知識があるように感じます。

おそらく、比喩のセンスとは、

先方の文脈理解×それにフィットする言葉選び

で決まると思いますが、

先方の文脈(例えば、先方の専門領域の知識)を理解するにも、

フィットする言葉選びをするにも、膨大な言葉(知識)がないと出来ませんからね。

例えば、40代半ばの男性(マンガ好きという下知識アリ)と言う人が、

「中田さんさー、同僚にまじ仕事できるんだけどさ、ちょっと近寄りがたいオーラを出している人がいましてね。体はでかいし、声はでかいし、威圧感半端ないんすわ」

って言っていたとします。その返しとして、

「「北斗の拳のラオウ」みたいな人ですか?」

って表現してみる。

「そうそう、まさに、ラオウ!アハハ」

ってなれば、互いのがっちり共通認識を握れますよね。

もし、

「いやー、中田さん、北斗の拳、読んでないんだよね」

って言われたとしたら、

「キングダムで言えば、王騎ですか?」

って切り返してみる。

「それそれ!」ってなるかもしれません。

仮に、北斗の拳が上手くいったとしたら、

先方の年齢とマンガ好きという文脈理解。

その世代の男性がハマった漫画に北斗の拳がある。そこにラオウって化け物がいたという知識。

これらの掛け合わせから、

「ラオウみたいな人ですか?」

という比喩が生まれるんだと思います。

「北斗の拳」も読んだことがなければ、ラオウも知らないってなると、当然この表現は生まれなかったと思うのです。

知識がなければ表現もできないのです。

のです。

この比喩がセンスがあるかどうか?はさておきですよ、あくまで例です笑

日に日に太陽が沈む時間が早くなり、夕暮れ時の空模様が、夏の終わりを告げている今日この頃。

寂しさもありつつ、そんな美しい空の前に、自分のボキャ貧にたじろぐばかりです笑

センスも知識から。

知識を得るべく学び続けるのです。

*****
【今日のうねり】
知識がなければ、表現が出来ない。その知識は言葉ともいう。
水野学さん曰く、センスは知識の集積であり、
センスが良くなるには、普通を知ることが一番。
普通を知る唯一の方法は知識を得ることだ。とも言っています。
センスの良い言葉の使い手になるには、膨大な知識が欠かせないのです。
学習あるのみなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA