名店の【肉まんの運び屋】をやりました。でも本当に届けたモノは作り手の想いです。

今日は朝イチからコンサルの打ち合わせを1件実施しました。

このブログでも何度か紹介している元BCG代表内田和成さんの最新作【右脳思考】を読了。
【仮説思考】【論点思考】【スパークする思考】など過去の著作からも大変影響を受けておりますが、今回は「右脳思考」。内田さんが「右脳」思考の価値について語るからこそめちゃくちゃ説得力があるなと思いました。
そうじゃない人が、「右脳」が重要なんだよ。なんて言ったって全然刺らないし、説得力もまるでないんですが…さすがの内容で個人的に大好きでした。

さて、今朝携帯を確認すると、愛してやまない中華の名店【龍園】の栖原さんから
「なんとか肉まんの仕込みが出来たので、発送しましょうか?」
というメッセージが届いていました。
年の瀬のめちゃくちゃお忙しい時期に、わざわざ肉まんを作ってくださり、しかも発送までして下さるとは…
「せっかく美味しいものを【愛情込めて】作って下さったのに、発送なんてしてもらうわけにいかない!発送なんてしたら1日タイムラグができてしまう。その分お味がで落ちてしまうっしょ!もったいなさすぎる!」
と思ったので、大至急取りにお伺いしてきました。
そもそも栖原さんが肉まんを仕込んでくれた訳は、先日お邪魔した際に
「来月100歳になる祖母が龍園の肉まんが食べたいって言ってたんですよね」って伝えてしまったからです。
すると、栖原さんは、
「他でもないおばあちゃんのお願いですから。やらないわけいかないですね。でもちょっと年末で立て込んでるんで、お約束はできないんですけれども、出来たらご連絡をします」
と仰っていました。
私も無理に年内にお願いするつもりも毛頭無かったのですが、本当に作ってくださる。
嬉しい限りです、ありがたい限りです。何が嬉しいってその気持ちですよね。
ということで、ただ取りに行くってのも勿体ないので、ランチで席が空いてることを確認し、ついでにお料理もいただいてきちゃいました笑
普段のコースとは少し違ったメニューでしたが、相変わらずめちゃくちゃ美味しかったです、最高でした。
栖原さん、いつもありがとうございます!
さて、食事を頂いた後にそのまま肉まんを祖母に届けてきました。
案の定、めちゃくちゃ喜んでいました。「今晩食べる!」って。
やっぱり、人に喜んでもらえることをするってのは気持ちいいものですよね。
確かに、今日は、【肉まんの運び屋】でしたが、それは物理的に肉まんを運んだだけであって、本当に運んだものは、【栖原さんの想い】です。
その想いは、配送で届けてしまったら半減以下になってしまう。
人の手で届けるからこそ意味があるんだろうなって思うのです。
以前ブログでも
相手の想いに報いる仕事をする
と書きましたが、
もちろんプライベートもです。
相手が熱い思いを持って向き合ってくれるものに対しては同じ、いやそれ以上の熱量を持って向き合わなきゃいけないと思うんですよね。

相手の間に立って行動するときは、
送り手と受け手の気持ちを互いにつなげることが大事なんだと思うのです。
損得勘定ももちろん大事なことだとは思うんですけれども、でも人の気持ちを最優先にして歩んでいきたいんですよね。
そんなことを改めて、肉まんを運びながら思いました。
ちなみに、龍園の肉まんは一般的には販売されていないですが、ハチャメチャに美味しいです。ご興味がある方はご一報ください。
まずは栖原さんのお料理を食べるところからご一緒しましょう。

===
■ 100人プロジェクト 81/100(前日比0)!!
ご協力いただける方は是非ご連絡をください。ご馳走します!笑
皆様のご協力お待ちしております。
100人プロジェクトはこちら