一つだけ確かなことは、「時間は平等に過ぎていく」ってことだよ。

==========
令和2年9月22日  今日もクルクル通信764号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
========

散歩中にご近所さんと会いました。

彼はとても優秀で、企業に勤めているにもかかわらず、ひっきりなしに色んなお誘いをもらう人気者です。

なんとまだ25歳!

そんな彼から、

「いやー、中田さん。「資本金出すから、会社やってみないか?」という話を頂戴しているんですけど、どう思いますか?」

そんな話がありました。

そのオファーを下さった方のことはよく知っているとのこと。(私は面識なし)

ちょうど彼自身、今の会社に疑問を感じ始めているし、くすぶっているようなので、

「凄いっすね!こんなご時世に。せっかくのチャンスなんですからチャレンジしたらどうですか。

仮に失敗しても問題なし。ノーリスク。アップサイドしかないからやればいいじゃないっすか?」

そんなことを申し上げました。

すると、彼が

「やっぱそう思いますか。実はAさんからもこんなことを言われたんですよ。私の方から、この話をしていないのに…」

(Aさんはこれまた私のご近所さんのめっちゃすごい経営者の方です)

って言いました。

「君さ、もうそろそろさ、自分でチャレンジしたらいいんじゃないの?

いけると思うけどなぁー。

バンバンチャレンジして、沢山失敗して。その分、またチャレンジして。そうすれば一回くらいは上手くいくよ。

俺なんかさー、50歳過ぎてやっと一回来たんだぜ。

それまで何度。どんだけ失敗を繰り返してきたことか…

まぁ、俺はそれまで、ずーと屈んで屈んで、大ジャンプしただけだけどね!笑

いくつだっけ?25歳?俺の半分以下じゃん。

いいねー。

色々あると思うけど、一つだけ確かなことは、

俺にも君にも、平等に時間が過ぎ去っていくってこと。

悩んでる暇があったら、やった方が良いよ」

って。仰ったんです。

いやー、Aさんが言うと説得力が半端ないです

ここでは書けないんですけど、Aさんは、誰もが知っている大ヒット商品を世に送り出した人なんですよね。

「50歳で一回」って仰っていたようですが、それ以降立て続けに少なくとも2回はメガヒットを出しているんですが…笑

それにしても、事を成した人は皆さん同じようなことを語られますよね。

一発で成果を上げようと思うな。(というか、上がるわけがない)

沢山チャレンジしろ。失敗なんてないのだから。

って。

例えば、トーマス・エジソンの
===
私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。
===

===
私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。
===

辺りがそうですよね。

あるいは、ユニクロ柳井さんの

一勝九敗

もそうですかね。

 

何より、

その時間の大切さについても、語られます。

その有限な資源をどう生かすのか?

その制約条件の中で、バンバンチャレンジした方が良いのです。

その時間は、若い人ほど持っているというのも事実です。(病など不慮の事態がない前提)

実際、ご近所さんは25歳で、私やAさんよりも若いんですよね。

もちろん、気持ちでは負けているつもりもないのですが笑

物理的には…仕方ないです。

でも、年齢を重ねても、若くあり続けることはできます。

一生青春できるのです笑

サミュエル・ウルマンが「青春の詩」で言っているじゃないですか。
===
青春とは人生のある期間をいうのではなく 心の様相をいうのだ。

優れた創造力、たくましき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)をしりぞける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こういう様相を青春というのだ。

歳を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増やすが、情熱を失うときに精神はしぼむ。
(一部抜粋)
===
って。

そうなんです。大事なのは、心の持ちようなのです。

トキメキし続ければ、青春し続けられるのです。

しかも、実際、

全ての人が、今、この瞬間が一番若いのです。

思い立ったが吉日。

バンバンチャレンジ。ガンガン飛び込んでいったら良いのです。

まずは行動ありき。

DCAPの精神で行くのです。
*****
【今日のうねり】
時間は誰にでも平等に過ぎ去っていく、最も貴重な資源だ。
人生において、今この瞬間が一番若いのだから、ガンガンチャレンジしていけば良いのだ。
でも、物理的に老いたとしても、若くあり続けることは出来る。
若さとは、心の持ちようが決めるのだから。
ときめき、行動し続ければ、一生青春なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA